新社会人の一人暮らしマニュアルをご紹介!

新社会人になって初めて一人暮らしをする場合は、
分からないことだらけで不安ですよね。

そこで新社会人の一人暮らし家賃の目安や物件選び、
新社会人の一人暮らしの生活費などについてご紹介します!

  [スポンサードリンク]

新社会人の一人暮らし家賃の目安は?

新社会人の一人暮らしは、物件選びが重要です。

まず1番気になるのが家賃ですよね。

家賃は月給の3分の1を上限とするのが基本です。

一人暮らしでは家賃以外にも出費がたくさんあるので、
この上限を超えないようにしましょう!

新社会人の一人暮らし部屋の間取りは?

一人暮らしをしている人の平均的な間取りは、
ワンルームや1K、1DKとなっています。

dainer_Style-thumb-600x422-704

一人暮らしの場合はこれ以上に広い間取りでも、
結局物置になってしまうことが多いようです。

また早が広いと、掃除も大変になりますよね。

なので一人暮らしの場合は部屋がとても広くても、
あまりメリットはないようです。

新社会人の一人暮らしの物件選びのポイントは?

新社会人になり一人暮らしを始めるとなると、
今までの生活とはかなり変わりますよね。

新社会人の一人暮らしの物件選びのポイントは、
優先順位をつけることです。

駅からの距離や周辺環境、築年数、設備、24時間ゴミ置場、
楽器やペット可、宅配ボックスがあるかなど、
人それぞれ譲れないポイントがあると思います。

絶対に譲れないことと妥協出来る部分を明確にしてから、
物件を選ぶようにしましょう。

また女性の場合は夜道になったことも考慮して、
駅からの道を確認することも大切です!

新社会人の一人暮らしの生活費ってどれくらい?

一人暮らしをすると毎月決まった額が出て行くものです。

生活環境にもよってかなり変動しますが、
新社会人の一人暮らしの生活費の平均額をご紹介します。

電気代:約3000円
ガス代:約3000円
水道代:1500円
インターネット接続料:5000円
食費:20000円
交際費:20000円
携帯電話代:8000円
日用品代:5000円
娯楽費:5000円

生活費の平均額の合計は80500円です。

そしてこの合計額に家賃がプラスされます。

外食を減らして自炊をするようにしたり、
節電節水を心掛けるともっと節約できます。

新社会人の一人暮らしで気を付けることは?

0000000000001379

一人暮らしで気を付けなければいけないのは、
なんと言っても防犯対策です。

セキュリティがしっかりしている物件を選んだり、
透けにくいカーテンを選ぶとより安心です。

女性の場合は洗濯物を干す際には注意しましょう。

下着類は必ず部屋干しするようにして下さい。

また女性の一人暮らしということを
周囲に悟られないよう、注意することも大切です。

新社会人になると仕事上のお付き合いや冠婚葬祭など、
今までは無かったような出費があります。

一人暮らしをすると思っていたよりも、
お金がかかってしまう場合が多いものです。

新社会人として無理のない範囲の物件を選びましょうね。