「春キャベツ」の特徴

1年中食べられる野菜「キャベツ」ですが、
「春キャベツ」と呼ばれるのは、4月~6月に出荷されるキャベツのことです。

「春キャベツ」の特徴は、柔らかくてふんわりしていて、
生食に向いています。

ちなみに、11月~3月に出荷される「冬キャベツ」は、
固くシャキシャキしていて、煮崩れしにくいので煮込み料理に向いています。

美味しい春キャベツは、
葉がふんわりと巻かれていて、緑色が濃いものです。

スーパーで買うときに、じっくり選んでみてください!

kyabetsu

「春キャベツ」の保存方法

生食で食べるのが美味しい「春キャベツ」は、
出来るだけ早めに食べるのがオススメです。

外葉も捨てずに食べましょう!

保存する場合、カットしたキャベツの葉は、ラップでしっかり包んで
乾燥しないようにして冷蔵庫に入れます。

丸ごとのキャベツは、芯をくりぬいて濡らしたキッチンペーパーを詰めて、
ラップでしっかり包んで冷蔵庫に入れると、鮮度を失いにくくなります。

  [スポンサードリンク]

「春キャベツ」のレシピ

塩だれ春キャベツ

材料(4人分)
春キャベツ   1/4個
ゴマ油     大匙2
塩       小匙1
ゴマ      大匙2
ニンニク    適量

作り方
(1) 春キャベツを、食べやすい大きさにザク切りします。
(2) ボウルにキャベツと塩を入れ、手で軽くもみます。
(3) ゴマ油、ゴマ、すりおろしたニンニクを混ぜて、ソースを作ります。
(4) キャベツがしんなりしたら器に盛り、ソースをかけて完成です。

「春キャベツ」のパスタ

材料(4人分)
 春キャベツ   1個
 ニンニク    2片
 アンチョビ   4本
 鷹の爪     1~2本
 コンソメ    1個
 オリーブオイル 大匙4

作り方
(1) 春キャベツをザク切りにします。
(2) フライパンにオリーブオイル、スライスニンニク、
輪切りの鷹の爪を入れて、弱火でじっくり香りを出します。
(3) アンチョビをみじん切りにします。
(4) フライパンに、アンチョビ、キャベツ、コンソメを加えて
ふたをして弱火で10分ほど蒸し煮して完成です。

「春キャベツ」の栄養

キャベツには、
ビタミンC、ビタミンU、ビタミンK、カロテン、葉酸、カリウム、亜鉛が
含まれていて、栄養満点です。

中でも、春キャベツは、他の時期のキャベツと比べて栄養価が高く、
ビタミンCは約1.3倍だそうです。

ビタミンCは加熱により損傷してしまう栄養素なので、
春キャベツを生食することは、理にかなった食べ方と言えます。

また、ビタミンCは、外葉や芯に多く含まれているので、
外葉は捨てずに、芯も細かく刻んで食べてください。