「日焼け」とは

「日焼け」は紫外線により起こる皮膚の変化です。

紫外線の中でも、日焼けの原因となるのは、紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)です。

「日焼け」のケア

うっかり日焼けしてしまった場合のケアを紹介します。

日焼けはやけどの一種ですので、まずは冷やすことが大事です。

熱を取って鎮静させるために、冷たい水で濡らしたタオルをあてます。

そして、紫外線でダメージをうけた肌に刺激を与えないように、洗顔料や化粧水は出来る限り使わず、肌を絶対安静にします。

オススメのスキンケアは「馬油」です。

「馬油」は鎮静作用と保湿効果があり、日焼け後の肌にもやさしいです。

  [スポンサードリンク]

日焼け止めの選び方

日焼けで肌にダメージを与えないためには、日頃から日焼け止めを上手に選んで使うことが大切です。

日焼け止めのパッケージによく「SPF」という言葉が書かれていますが、この「SPF」とは、サン・プロテクション・ファクターの略で、シミや皮膚がんの原因となる紫外線B波(UVB)をカットする力のことです。

20分間で、日焼け止めをつけていない肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に延ばすことができるか、という基準で数値が決まります。

つまり、SPF30ならば、20分×30=600分=10時間となり、10時間まで日焼けしにくいということになります。

また、「PA」という言葉も見かけると思いますが、この「PA」は、プロテクション・グレイド・オブ・UVAの略で、シワやたるみの原因となる紫外線A波(UVA)をカットする力のことです。

PA+~PA++++までの4段階で表され、+が多い方がカットする力が強いことになります。

この「SPF」と「PA」に注目して、日焼け止めを選んでください。

hiyake

敏感肌用の日焼け止め

「SPF」と「PA」に注目して日焼け止めを選んだら、肌が荒れてしまった!という方もいるかもしれません。

ドラッグストアなどの店頭で売られている日焼け止めは、強い界面活性剤が使われていることがあるため、敏感肌の方は特に、肌に負担がかかって肌荒れすることがあります。

「敏感肌用」と書かれた日焼け止めを選ぶと、肌への負担は少し減るかもしれません。

それでも肌荒れしてしまう場合は、皮膚科に行ってクリニック専用の日焼け止めを処方してもらうといいでしょう。

肌が弱い方は、日焼け止めを塗らないと紫外線でもダメージを受けます。

自分の肌に合う日焼け止めを探し、必ずUVケアをしてください。

アンナトゥモール ナチュラルUVベースクリームは、化学合成物質を使わずに天然ハーブを使った無添加クリームで、SPF:27 PA:++を達成しているのでおすすめです。