本当にあった嫌がらせ弁当をご紹介!

みなさんは家族の為に、毎日お弁当を作っていますか?

喧嘩をした次の日や嫌なことを言われた次の日って、
わざわざお弁当を作るなんて本当に嫌ですよね。

そこで今回は喧嘩をした次の日に持たされたという、
本当にあった嫌がらせ弁当エピソードをご紹介します!

  [スポンサードリンク]

本当にあった嫌がらせ弁当①
「お弁当箱の中身がいつもより少なかった」

可愛げのある初心者レベルの嫌がらせ弁当ですね。

しかしお弁当箱の中身が3分の1程度しか入ってないと、
全部中身が混ざってしまうので開けた時にはグチャグチャです!

そうなることを想定していたとしたら、
なかなか地味で高度な嫌がらせ弁当ですね。

本当にあった嫌がらせ弁当②
「お弁当箱の中身がご飯とおでんの大根一個」

ご飯だけじゃなかったのが多少救いですが、
おかずがおでんの大根一個はさすがにキツイです。

しかし白米の美味しさが噛みしめられる嫌がらせ弁当ですね!

本当にあった嫌がらせ弁当③
「お弁当のおかずがごはんだった」

201104132159364cd

いつもならおかずが入っているスペースに…
なんと白米が入っていたそうです!

白米をおかずに白米を食べるなんて、
お米好きでもなかなか体験しないことですね!

この嫌がらせ弁当は、
多くの女性が使っているという噂もあります。

会社にふりかけを常備するのが良いかもしれないですね!

本当にあった嫌がらせ弁当④
「お弁当箱の中身が二段とも同じものが入っていた」

1416157603-1

白米だけというのも辛いですが、
濃いおかずだとおかずのみもなかなかキツイですよね。

ちなみにこの嫌がらせ弁当の体験者の方は、
中身がオールエビチリだったそうです。

好きな物なら逆に嬉しい嫌がらせ弁当ですね!

本当にあった嫌がらせ弁当⑤
「お弁当箱の中身がごはんとパン」

おかずなしでごはんとパンというのも、
なかなかキツイお弁当ですね。

どのように食べたら良いのか気になります。

ごはんの湿度でパンが湿っていないことを願います…。

本当にあった嫌がらせ弁当⑥
「お弁当箱の中身に悪口が書かれていた」

img_1

ソースやトマトケチャップなどで、
文句や悪口を書くというユニークな嫌がらせ弁当です。

メールで文句を伝えられるよりも、
心にグサッとささりそうですね。

同僚や友達には絶対に見られたくない嫌がらせ弁当ですね。

本当にあった嫌がらせ弁当⑦
「お弁当に食べられないものが入っていた」

これは究極の嫌がらせ弁当ですね。

お弁当のご飯の中に靴が埋め込まれていたという方や、
虫のから揚げが入っていたという方がいるそうです。

もはやこれは笑えないレベルの嫌がらせ弁当です!

今日も嫌がらせ弁当

ユーモアセンスがあって笑える嫌がらせ弁当もあれば、
笑えない嫌がらせ弁当もありますね。

やはり女性は怒らせたら怖いんです!

しかし女性を怒らせてしまった男性にも、
少しは責任があるのかもしれません。

嫌がらせ弁当を持たされない為には、
夫婦、親子、仲良く暮らすことが大切ですね!