窓の結露を簡単に防止する方法ご紹介!

冬に悩まされる窓の結露ですが、
簡単なことでも窓の結露を防止することが出来ます。

窓の結露を簡単に防止する方法ご紹介したいと思います!

  [スポンサードリンク]

窓の結露を簡単に防止する方法①
「古い新聞を窓に貼りつける」

古い新聞を窓に貼りつけると水滴を吸ってくれます。

そしてさらにその濡れた新聞で窓を拭くと、
インクの油で窓が綺麗になります!

窓の結露を防止しつつ、簡単にお掃除もできちゃいます。

古い新聞を桟にはめこんでおくのも効果的です。

keturo1

窓の結露を簡単に防止する方法②
「台所用洗剤を使う」

20倍くらいに薄めた台所用洗剤を用意します。

それを使って窓を拭き、さらに乾拭きをして下さい。

台所用洗剤に含まれる界面活性剤によって、
窓の結露を発生しにくくしてくれます。

154050400-1

窓の結露を簡単に防止する方法③
「カーテンは出来るだけ開けておく」

カーテンと窓の間の隙間に冷たい空気を溜め込んでしまうと、
結露が発生しやすくなってしまいます。

カーテンは出来るだけ開けておくようにするだけで、
窓の結露は発生しにくくなります。

窓の結露を簡単に防止する方法④
「寝る前に換気をする」

窓の結露を防止するには、やはり換気が大切です。

特に夜は外の気温が一気に下がるので、
結露が発生しやすくなっています。

夜寝る前に部屋の換気をすることで室内の温度が下がるので、
窓の結露を発生しにくくしてくれます。

窓の結露を簡単に防止する方法⑤
「暖房機器の種類を変える」

余計な水分を空気中に出してしまうと、
結露が発生しやすくなってしまいます。

灯油ストーブからは水分が多く放出されているので、
その場合は暖房機器の種類を変えるのもおすすめです。

エアコンやホットカーペットに変えるだけで、
窓の結露を発生しにくくしてくれます。

窓の結露を簡単に防止する方法⑥
「サーキュレーターを使う」

サーキュレーターを使って空気を循環させると、
窓の結露は発生しにくくなります。

キッチンやお風呂場などは特に湿気が溜まりやすいので、
サーキュレーターを使って窓の結露を予防しましょう。

081

窓の結露を簡単に防止する方法⑦
「暖房の設定温度を調節する」

外の気温と室内の気温差が大きいほど、
窓の結露は発生しやすくなります。

冬場の室内の温度20~22度くらいがベストです。

暖房の設定温度を調節するだけで、
窓の結露は発生しにくくなります。

どこのご自宅でもある物を使うだけでも、
窓の結露は簡単に防止することが出来ます。

窓の結露をを防止するにはとにかく換気することも大切です。

冬は寒いのでなかなか辛いですが、
適度な換気をすることも心掛けましょう!