転勤や異動の場合の餞別!金額や熨斗袋はどうする?

転勤や異動などで餞別を贈る機会って、
社会人なら意外とありますよね。

しかし金額の相場や熨斗、贈る時期には悩むところです。

今回は転勤や異動する相手への餞別の金額の相場や、
熨斗袋や餞別を贈る時期などについてご紹介します!

  [スポンサードリンク]

転勤や異動する相手への餞別の金額の相場は?

転勤や異動する相手への餞別の金額の相場は、
個人で餞別を贈る場合には、3,000円~5,000円程度、
複数で餞別を贈る場合には1,000~3,000円程度です。

複数で餞別を贈る場合、
新入社員は500~1,000円程度にしましょう。

餞別の金額は無理の無い範囲で決め、
周りに強制しないことが必要です。

転勤や異動する人との関係の深さや、
役職などによっても餞別の金額は変わってきます。

一般的には同僚よりも上司の方が金額の相場は上がります。

転勤や異動する相手への餞別の熨斗袋や表書きは?

転勤や異動する相手への餞別の熨斗袋は、
紅白の蝶結びの水引きがついたものを使います。

熨斗袋がない場合には白い封筒でも問題ありません。

のし袋や白封筒の表書きには、
「御餞別」「御礼」「おはなむけ」などと書きます。

しかし1点注意点があります。

職場で自分よりも目上の相手に対して個人で餞別を贈る場合は、
「御餞別」という表書きは失礼
に値します。

部署名で餞別を贈る場合は、どの表書きでもOKです。

個人で餞別を贈る場合の表書きは、
「御礼」または「おはなむけ」と書きましょう。

転勤や異動する相手への餞別を品物で贈る場合は?

転勤や異動する相手への餞別を品物で贈るのであれば、
ビジネス上で使える品物を贈ると良いでしょう。

名刺入れやネクタイ、ハンカチ、ボールペンなど、
ブランドものを贈るのがおすすめです。

bv602_1

サイズが分かるようであれば靴下も人気です。

普段使うものならハズレがないです!

好みや趣味が分からない相手の場合には、
ギフト券や金券などがおすすめです。

転勤や異動する相手への餞別を贈る時期は?

送別会を開く場合にはその際に餞別を贈ったり、
最終出社日に餞別を贈っても構いません。

しかし引っ越しなどをする転勤や異動の場合には、
なるべく早めに餞別を贈るようにしましょう。

転勤や異動する相手への餞別を贈るのは、
正式な辞令が出てから1~2週間以内がおすすめです。

品物で餞別を贈る場合は、
荷造りなどの準備もあるので特に注意が必要です。

品物や現金を贈るだけがお餞別とは限りません。

転勤や異動する相手への感謝の気持ちや、
今後を応援する気持ちを伝えることが大切です。

みんなで思い出話や感謝の言葉をしっかりと伝えて、
気持ちよく転勤や異動する相手を見送って下さいね!