旅行する相手への餞別!金額や熨斗の表書きは?

海外へ旅行する場合や新婚旅行、修学旅行など、
旅行する相手へ餞別を贈る機会は様々です。

今回は旅行する相手への餞別の金額や熨斗の表書き、
それぞれのケースについてご紹介します!

  [スポンサードリンク]

旅行する相手への餞別の金額の相場は?

海外へ旅行する相手への餞別の金額の相場は、
個人で餞別を贈る場合には5,000円~30,000円程度、
複数で餞別を贈る場合には500円~3,000円程度です。

新婚旅行に行く相手への餞別の金額の相場は、
個人で餞別を贈る場合には3,000円~50,000円程度、
複数で餞別を贈る場合には500円~3,000円程度です。

修学旅行や合宿に行く相手への餞別の金額の相場は、
個人で餞別を贈る場合には3,000円~5,000円程度、
複数で餞別を贈る場合には数百円~3,000円程度です。

餞別を贈る相手との関係や餞別を贈る側の年齢、
職場の場合であれば役職でも金額は変わってきます。

旅行する相手への餞別の金額は、
贈る側の無理の無い範囲で選びましょう。

海外へ旅行する相手への餞別の熨斗袋と表書き

d0157906_9321177

海外へ旅行する相手への餞別の熨斗袋は、
紅白の蝶結びの水引がついたものを使います。

熨斗袋の表書きには「御餞別」と書きます。

ただし自分より目上の相手に対して餞別を贈る場合には、
個人名で贈るなら「おはなむけ」と書きます。

部署名で贈るなら「御餞別」「おはなむけ」、
どちらを表書きに書いても問題ありません。

水引の下段には、個人名または部署名などを書きます。

同じ会社の場合には会社名は省略して構いません。

新婚旅行に行く相手への餞別の熨斗袋と表書き

01

新婚旅行に行く相手への餞別の熨斗袋は、
紅白の結び切りの水引がついたものを使います。

何度あっても良いお祝いごとの場合は蝶結びの水引ですが、
一度で終わらせたいお祝いごとの場合は結び切りの水引にします。

間違えてしまうと失礼に値するので、
新婚旅行に行く相手への餞別の熨斗袋には注意しましょう。

熨斗袋の表書きには「御餞別」「おはなむけ」と書きます。

水引の下段には、個人名または部署名などを書きます。

同じ会社の場合には会社名は省略して構いません。

修学旅行や合宿に行く相手への餞別の熨斗袋と表書き

IMGP7265

修学旅行や合宿に行く相手への餞別の熨斗袋は、
紅白の蝶結びの水引きがついたものを使います。

熨斗袋の表書きには「御餞別」と書きます。

水引の下段には、個人名を書きます。

保護者全体から餞別を贈る場合には、
「○年生 保護者一同」と書きましょう。

旅行へ行く相手への餞別の場合は現金にこだわらず、
品物や送る会を開くという形をとることもあります。

激励の言葉とともに、旅行へ行く相手へ餞別を贈りましょう!