餞別のお返し!お礼状の書き方やマナー!

餞別を頂いたら、お返しやお礼状は必要なのでしょうか?

今回は餞別のお返しのマナーやお礼状の書き方、
お礼状の書き方の注意点についてご紹介します!

  [スポンサードリンク]

餞別のお返しやお礼状は必要?

餞別を頂いたら、お返しをするのか悩みますよね。

餞別を頂く機会は様々です。

基本的には旅行の餞別のお返しは、お土産で構いません。

normal

それ以外の引っ越しや退職の餞別にお返しは不要ですが、
お返しを贈りたい場合はもちろんOKです。

餞別のお返しを贈るか贈らないかはどちらでも構いませんが、
餞別のお礼状だけは必ず出すようにしましょう!

親しい方に餞別を頂いた場合には、
餞別のお礼状はハガキでも問題ありません。

仕事関係の方に餞別を頂いた場合には、
キチンとしたお礼状を書きましょう。

餞別のお返し!お礼状の書き方やマナーは?

noshi-03

餞別のお返しにお礼状書く場合注意するべき点は、
分かりやすく簡潔に文章をまとめることが大切です。

これは忙しいであろう相手のことを考えて、
あまり時間を取らせないようにしようという気持ちです。

長くダラダラとしたお礼状だと、
自意識過剰な印象を相手に与えてしまいます。

しっかりと感謝の気持ちを伝えることは大切ですが、
分かりやすく簡潔にお礼状は書くようにしましょう。

餞別のお返しにお礼状を書く際の注意点①

餞別のお返しにお礼状を書く際の注意点は、
まずは誤字脱字に気をつけるということです。

これはお礼状以外の場合でも基本的なことですが、
一番注意する必要があります。

たった一つ誤字脱字があるだけで、
お礼状の内容がいくら素晴らしくてもとても残念になります。

お礼状を書き終わったら、
必ず何度か誤字脱字のチェックをしましょう。

餞別のお返しにお礼状を書く際の注意点②

餞別のお返しにお礼状を書く際の2つめの注意点は、
改行などの文章と文章のスペースに気をつけることです。

文章をダラダラと書きすぎてしまうと、
お礼状を読む側は苦痛に感じる場合もあります。

お礼状の文章が「。」で終わったら、
必ず改行をするよう心掛けて下さい。

また文章と文章の間のスペースも空けるなど、
読みやすいお礼状を書くようにしましょう。

綺麗な読みやすい字で書くことも大切です。

餞別のお返しにお礼状を書く際の注意点③

餞別のお返しにお礼状を書く際の3つめの注意点は、
似たような言葉や表現を繰り返し使わないことです。

餞別を頂いた感謝の気持ちを伝えることは、
お礼状を書く上でもちろん大切です。

しかし繰り返し同じ表現があると、
お礼状を読む側はウンザリしてしまう場合もあります。

お礼状を書く際は同じ言葉や表現などは、
多くても2回までと決めておくと良いでしょう。

餞別のお礼状の内容は、
お礼を伝えると同時に近況を報告する良いですね。