小学校のクラス替えの決め方をご紹介!

小学校のクラス替えって、
どのように決まっているのかって気になりますよね?

今回は小学校のクラス替えの決め方を、
いくつかご紹介したいと思います!

  [スポンサードリンク]

小学校のクラス替えの決め方①
小学校の生徒たちの成績

小学校のクラス替えの決め方の1つめは、
小学校の生徒たちの学力や成績です。

小学校の段階評価のものや学力テストなどを持ち寄って、
成績の順番でクラス数に振り分けます。

これは小学校の学力テストの際などに、
クラスごとの平均点が同じになるようにという考えです。

確かに小学校のクラスごとに平均点に差がありすぎるのは、
あまり良くない感じがしますよね。

IMG_2018

小学校のクラス替えの決め方②
小学校の生徒たちの特性

小学校のクラス替えの決め方の2つめは、
小学校の生徒たちが持っている特性です。

スポーツのできる生徒やリーダーシップの取れる生徒、
ピアノが弾ける生徒などを均等に分配するクラス替え決め方です。

リーダー的存在になれそうな生徒を各クラスに振り分けることが、
小学校のクラス替えでは特に重要視されているようです。

合唱コンクールなどの際に困ってしまうので、
ピアノが弾ける生徒というのもそれなりに重要な要素です。

必ず各クラスに1人は、ピアノを弾ける
生徒を入れるようにするそうです。

DSCF7984-300x225

小学校のクラス替えの決め方③
先生間で相談

先程ご紹介した2つの小学校のクラス替えの決め方の後、
最後に先生間で相談してクラス替えは微調整します。

例えば生徒指導に手のかかる生徒や健康上に問題のある生徒、
保護者の対応に注意が必要な生徒などは重ならないようにします。

また同じ部活が同じクラスに固まり過ぎないようにしたり、
双子や親戚なども同じクラスにならないよう配慮します。

相性が悪い小学校の生徒は同じクラスにしないようにしたり、
逆に仲がよすぎる生徒は同じクラスにしないケースもあります。

小学校のクラス替えは生徒自身だけではなく、
家庭環境や保護者も大いに関係しているのです。

小学校のクラス替えの決め方はくじ引きという説もありますが、
そんなことはほとんど無いと思います。

これはクラス替えの決め方は説明できない部分もあるので、
そういった点を考えた優しい嘘なのかもしれません。

小学校のクラス替えでは、
決して不公平感を出さないことが必要ですからね。

最近は毎年クラス替えを行う小学校も増えていますが、
2年に1度というのが一般的なようです。

クラス替えの頻度は地域や小学校ごとに違っています。

小学校の教師側は意外と様々なことを把握しており、
それぞれの思惑があってクラス替えは決まるのです。

偏らないバランスのとれた生徒の振り分けが、
小学校のクラス替えの決め方には重要なようですね。