中学校のクラス替えの決め方をご紹介!

春といえばドキドキのクラス替えがありますね。

皆さんどうやって中学校のクラス替えは決めるのか、
ご存じでしょうか?

今回は中学校のクラス替えの決め方を、
いくつかご紹介したいと思います!

  [スポンサードリンク]

中学校のクラス替えの決め方①
能力に偏りがないようにする

中学校のクラス替えの決め方で1番重要なのは、
生徒の能力に大きな偏りがないようにすることです。

クラスごとのテスト平均点に差が出てしまったりするので、
生徒の成績や学力を考慮してクラス替えを決めます。

多くの中学校ではクラスの平均点でクラスごとに競わせて、
中学校全体や学年全体の学力の向上を考えています。

また生徒の運動能力に大きな差があるクラス分けだと、
体育祭などのイベントもつまならなくなってしまいますよね。

運動が得意な生徒がいれば、
なるべく均等にクラス替えでは振り分けられます。

生徒の所属部活も、クラス替えの際考慮される場合もあります。

体育祭などのスポーツイベントで、
不公平感を出さない為に必要なことですね。

img20140430163317390

中学校のクラス替えの決め方②
リーダータイプの生徒を分ける

中学校のクラス替えの決め方の2つめは、
リーダータイプの生徒を分けることです。

中学校では色々なイベントがありますよね。

その際にリーダーシップを発揮してくれそうな生徒は、
とても貴重な存在になります。

なのでリーダータイプの生徒やムードメーカー的な生徒は、
各クラスに振り分けられることが多いです。

中学校のクラス替えの決め方③
ピアノが弾ける生徒を分ける

中学校のクラス替えの決め方の3つめは、
ピアノが弾ける生徒を分けることです。

合唱コンクールなどのイベントの際には、
ピアノ奏者が必須になります。

ピアノが弾ける生徒がいないと困ってしまいます。

なので各クラスに1人はピアノが弾ける生徒がいるように、
中学校のクラス替えはされるようです。

viewimg

中学校のクラス替えの決め方④
双子や親戚は別のクラスにする

中学校のクラス替えの決め方の4つめは、
双子や親戚は別のクラスにすることです。

これは法律で決まっているわけではありませんが、
中学校のクラス替えでは暗黙のルールのようです。

双子は名前も顔も似ているので見分けがつきにくく、
先生側が混乱してしまいがちだからです。

もし間違えて名前を呼ばれたら、
生徒自身も良い気持ちは勿論しませんよね。

いとこや親戚なども別のクラスにすることは多いです。

いとこや親戚がいるとそこで固まってしまって、
他の生徒と仲良くならない場合があるようです。

逆にいとこや親戚同士で大きな喧嘩や揉め事があると、
通常より面倒なことが多いからだそうです。

f6f0e853

中学校のクラス替えの決め方⑤
対応が難しい生徒を分ける

中学校のクラス替えの決め方の5つめは、
対応が難しい生徒を分けることです。

不登校になりがちな生徒や家庭環境が複雑な生徒、
心身に障害がある生徒などはなるべく均等に振り分けます。

そうしないと一人の教員に負担が集中してしまいますし、
クラスの雰囲気にも大きく影響します。

このように中学校のクラス替えは、
生徒のことを考えて色々な理由から決められているのですね。

くじ引きなどのランダムな方法で
決められるということはまずありません。

占いやおまじないはあまり通用しそうにありませんね。