何にしよう?健康診断の前日の食事おすすめメニューは?水分は?

健康診断の季節になると急に食事の事を気にし始める方も多いでしょう。

でも、とくに大切なのは数日前から健康に気を使った食事を始めることではなく、前日の食事の決まりを守って、健康診断が正常な状態で行われることです。

そこで今回は、食事制限のある健康診断の前日にオススメのメニューや水分の摂り方などをご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

健康診断の前日の食事で気を付けること

健康診断の前日は、夕飯までを普通に食べる人が多いでしょう。

夕飯は、もちろんいつも通りでも構いませんが、なるべくなら軽めの物を食べた方がいいでしょう。

そこで気を付ける点ですが

・なるべく生ものを避けること

・野菜も出来れば火を通したものに

・食物繊維が多いものはとらない

・種や皮がある食材をさける

・刺激の強い香辛料などは使わない

・油は最小限に

この6つの基本を守って、夕食のメニューを考えるといいでしょう。

健康診断前日の夕食にオススメのメニューは?

それでは、実際に健康診断の前日にはどのような食事がよいのでしょうか?

上でご紹介した基本をおさえて献立をご紹介しましょう。

1.ホッケの干物など(焼き魚)

2.ほうれん草のおひたし

3.豆腐とにらの味噌汁

4.ご飯

5.果物(リンゴなど消化の良い物)

これが基本の献立となりますが、もちろん食材を少し変えてアレンジしていただいてもOKです。

種類は少ないですが、翌日にはお腹がすっきりとした状態で目覚められるのでおすすめです。

もちろん、このような食事は健康診断だけでなく大切な用事がある際には、胃に負担をかけずにお腹を満たすことができますのでお勧めです。

flow_doc_notice01

水分はどうやってとるの?

食事の献立は決まったら、次に飲み物です。

飲み物は基本的にはジュースやアルコールはとらないようにします。

水分が必要な場合には、水がいちばんのオススメです。

水は血糖値などに影響しないので安心です。

健康診断を受けることが決まった時に案内をいただきますので、そこに書いてある飲み物なら飲めることもありますので、しっかりチェックしておきましょう。

まとめ

健康診断の前日の食事は、受ける側もですが食事を作る側も意外といろいろ考えなくてはいけなくて大変です。

けれども、基本的には9時以降に何も食べない、夕食はヘルシーな物、消化の良いものを中心に選ぶ様にするとよいでしょう。

私は実際に健康診断の前日の夕飯には、魚の干物や冷奴などの豆腐料理、といった簡単で消化に良いものを中心に選ぶようにしています。