何がおすすめ?快気祝いの品物で人気は?職場には?

病気やけがで入院していたけれど、無事に退院できて入院中にお見舞いに来てくれた人に感謝の気持ちと元気になった報告もかねて快気祝いを贈りたいと考えますが、そんな時どんな品物がよろこばれるでしょう。

今回はそんな気になる快気祝いの品物としておすすめのものなどについてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

快気祝いの品物の選び方は?

快気祝いは「お陰様で元気になりました」
「お見舞いありがとうございました」
という気持ちを形にして贈るもの。

そんな品物を選ぶ時に気をつけなくてはいけないことがいくつかあります。

快気祝いということで、病気が後に残りませんようにという意味を込めて後に残らない物、使うとなくなるものを選ぶと良いといわれます。

そこでオススメなのが、飲み物やお菓子などの食べ物、石鹸や洗剤、タオルなど日ごろ使うもので使ったらなくなるもの、処分するものがよいでしょう。

快気祝いにオススメの品物は?

上でご紹介したように、後に残らない物を基本的には選びたいのが快気祝い。

そこでオススメなのがお菓子や飲み物。

贈る相手が甘いものが好きなご家族なら洋菓子や和菓子の詰め合わせもいいですし、珈琲が好きという方ならコーヒー豆などのギフトもよいでしょう。

またお菓子とコーヒーや紅茶がセットになった詰め合わせなども喜ばれます。

90-0922

もし、甘いものが好きかどうかわからないというご家庭の場合には、どのご家庭でも使う油や乳製品のセットもおすすめです。

特に健康をイメージする自然食品や健康油などを選ぶと快気祝いとしてもふさわしいでしょう。

また、会社などに贈る場合にはみんなで分けてもらえるような子包装になったお菓子の詰め合わせがよいでしょう。

ちなみにアルコール類は健康というイメージとは離れますから、快気祝いにはあまりふさわしくないでしょう。

洗剤もおすすめ

食品を贈るのは趣味があるのでちょっと避けたいという場合には洗剤もおすすめです。

特に洗濯洗剤などはこだわりがあるご家庭もありますが、有れば使えるものですからセットで送ってもよいでしょう。

他にシンプルなタオルなども、どのご家庭でも使うものなのでおすすめです。

食品も洗剤もタオルもどのご家庭でも貰って迷惑ということはないと思いますが、それでも相手の希望に沿ったものが送りたいとおもうなら、カタログギフトという手もあります。

カタログギフトにはグルメ系のギフトが豊富に揃っていますから、快気祝いにもおすすめです。

まとめ

快気祝いは、自分でも元気になったことを報告するためにも嬉しいですよね。

とくに入院中にお見舞いに来て励ましてくれた方々に感謝を伝えたいもの。

ですから品物は相手が喜んでくれそうなものを選びたいですよね。