快気祝いに商品券を贈るのは失礼?相場はどれくらい?

快気祝いを贈りたいけれど何を贈ったらいいかわからない。

すきな物を好きな時に購入してもらえるように商品券を贈ろうかと考えているけれど・・・

快気祝いに贈るもので悩んでしまう方は少なくないようです。

でも、商品券を贈るって失礼ではないのか、贈るなら相場はいくらか、そんな気になることもたくさんあるでしょう。

そこで今回は快気祝いに商品券を贈る場合のマナーや相場などについてご紹介しようとおもいます。

  [スポンサードリンク]

快気祝いに商品券を贈るのは失礼なの?

まず、気になるのは商品券を贈ることは失礼にあたるのか、ということでしょう。

すこし前までは金額がわかるものを快気祝いなどに贈るのは失礼だという考え方がありました。

でも最近では商品券は合理的ということで若い方を中心に商品券を選ぶことも多くなってきています。

とはいえ、年配の方などの間ではやはり値段のわかるものは失礼という考え方をお持ちの方も少なくないので、贈る相手を選んだ方がよいでしょう。

もし、相手が年配の方の場合は、商品券の代わりにカタログギフトを贈るという方法もいいかもしれません。

gum14_ph01059-s

快気祝いの商品券の相場は?

次に気になることといえば商品券の相場でしょう。

基本的には、快気祝いはいただいたお見舞いの半額程度といわれています。

ですから、商品券を贈る際にもお見舞いの半額程度にするとよいでしょう。

つまり、1万円を頂いた場合は5千円程度の商品券にしましょう。

ただ、お見舞いで頂いた金額が高額の場合、その半分を商品券でお返しするのはあまり喜ばれません。

反対に相手が恐縮してしまうこともかんがえられます。

そんな時は1万円程度の商品券とお菓子や食品などを合わせて贈ってもよいです。

最近は高級牛肉のカタログギフトが人気です。こちらの記事でレビューしてしますのでご参考下さい。

快気祝いに商品券を贈る場合の熨斗は?

2-534

商品券を快気祝いとして贈る場合にも忘れてはいけないのが熨斗です。

商品券をそのまま贈るのは現金をそのまま贈ったような感じになります。

ですから、熨斗は必ずつけましょう。

熨斗の表書きは「快気祝」として、下段には自分の姓を書きましょう。

まとめ

快気祝いに商品券を贈られて喜ぶ若い人たちと、失礼と感じてしまう年配の方の間でいろいろな考え方はあるとおもいます。

ですから、商品券は誰にでも贈るのではなく、相手の事を考えて選ぶようにしましょう。

基本的には、金額がわかるものとなりますので、他にお菓子や食品などを贈ると喜ばれそうな相手には、そちらを贈る方が失敗はないと思います。