教えて!快気祝いのメッセージカードの文例や書き方

快気祝いは、病気やけがが完治し退院したお祝いの事ですね。

病気やけがが全快したことを祝って、入院中に受けたお見舞いのお礼と病気やけがが治ったことの報告を兼ねて品物を贈ることが多いです。

そんな快気祝いには、贈り物にメッセージカードを添えて贈りたいものです。

そこで今回は、快気祝いにそえるメッセージカードの書き方や文例をご紹介しようとおもいます。

  [スポンサードリンク]

快気祝いのメッセージカードの書き方は?

快気祝いには、療養中や入院中にお世話になった方、お見舞いを受けたお礼や病気やけがが全快したという報告を兼ねた品物には贈り物にメッセージを添えたいものですね。

お見舞いのお礼に「元気になりました」という報告に、経過や今の状態もいれたいものですから。

快気祝いの贈り方は?

快気祝いの贈り物には、のしをかけますが熨斗の表書きは「快気祝」とします。

水引きは、紅白の結び切りを使います。

メッセージには、病気やけがが全快しましたという報告を入れて、消え物を贈るようにしましょう。

【関連記事】快気祝いの品物の選び方

快気祝いのメッセージ文例は?

kaiki-uti

「先日は、お忙しい中、わざわざお見舞いに来ていただきありがとうございました。

 おかげさまでこのたび無事に退院することができました。

 来月には職場復帰を予定しています。

 同封のものは心ばかりではございますが、お礼の品です。

 入院中は何かとご迷惑、御心配をおかけいたしました。

 お心遣いには心から感謝を申し上げますとともに、快気のご報告とさせていただきます。」

といったメッセージは、会社の上司などに贈ります。

友人や同僚の場合には、

「先日はお見舞いどうもありがとう。

 御心配をおかけしましたが、おかげさまで元気になりました。

 これからは今まで以上に健康に留意して、毎日を丁寧に、元気に過ごしたいと思っています。」

といった感じでしょう。

また、会社の皆からまとめてお見舞いなどを頂いた場合には、

「このたびはご心配をおかけし申し訳ございませんでした。
 おかげさまで無事に退院できました。 
  
 入院中は、仕事を気にせずに治療に専念することができましたのも皆様のお心遣いのおかげと、心より感謝しております。

 ありがとうございました。

 同封の品は心ばかりの感謝の気持ちです。

 会社には来月から出社いたしますので、今後ともよろしくお願いいたします。」

という感じでしょう。

まとめ

快気祝いの品物が決まったら、メッセージカードに感謝の気持ちもしっかりと書きたいですね。

ご迷惑やご心配をかけたお詫びとお見舞いに対するお礼、今後もよろしくお願いしますという挨拶もわすれずに、失礼のないようなメッセージカードを添えましょう。