教えて!快気祝いの礼状のマナーは? はがきの場合には? 上司の場合は?

病気やけがで入院している時にお見舞いに来てくれる方の励ましは、とてもうれしく心強いものです。

そんな励ましもあって無事に退院できたことを報告するために、品物を贈る快気祝いを頂いた場合には、お礼状を送りましょう。

そこで今回は、快気祝いに対するお礼状の書き方や例文などをご紹介しようとおもいます。

  [スポンサードリンク]

快気祝いのお礼状の書き方は?

快気祝いや快気内祝いの品を受け取ったら、健康の回復をお祝いする言葉を添えたお手紙やはがきを出したいものです。

そこで快気祝いのお礼状のポイントをご紹介しましょう。

お礼状には、病気が治ったことをお祝いする気持ちと快気祝いを受け取ったことを知らせるお礼を含む手紙を送ります。

先方の体調や様子が分からない場合には、電話は掛けにくいですから手紙やはがきなら安心です。

快気祝いのお礼状の文例をご紹介

病期が治ったことへのお祝いや快気祝いのお礼を含む手紙といってもなかなか何を書けばいいのか迷ってしまいます。

そこで、幾つか文例をご紹介しましょう。

「謹啓

 このたびは、ご退院おめでとうございます。

 ○月から会社に復帰されるとうかがい、とても喜んでいます。

 しばらくはあまり無理することなく、慣れるまでゆっくりと仕事に取り組んでくださいね。

 本日は、ご丁寧なお心遣いを頂き、ありがとうございます。

 奥様にもどうぞよろしくお伝えください。

 なかなかお元気なお顔を拝見にうかがえないのが残念ですが、まずは書面にて全快をお祝い申し上げます。 敬具」

といった感じです。

このように快気祝いのお礼状も兼ねた全快のお祝いの気持ちを伝えましょう。

快気祝いに添えるお礼状なら

快気祝いのお礼状

快気祝いのお礼状というと、快気祝いを頂いたお礼の場合と、快気祝いに添えるお見舞いなどへのお礼状があります。

上では頂いた側からのお礼状のご紹介でしたが、次は快気祝いに添えるお礼状の文例をご紹介しましょう。

「お心のこもるお見舞いをありがとうございました。

 先日はお忙しい中、心温まるお見舞いをいただきありがとうございました。
 
 御心配をおかけいたしましたが、お陰様でようやく全快いたしました。
 
 つきましてはささやかではございますが、お礼のしるしに心ばかりの品をお届けさせていただきます。

 簡単ではございますが、お礼かたがたご挨拶を申し上げます。」

といったはがきやメッセージカードを添えるとよいでしょう。

まとめ

快気祝いのお礼状は頂いた方も、贈る方も添えるものです。

自分の立場で贈るお礼状の文例を参考に、失礼のない御礼状を出しましょう。