教えて!卒園式や卒業式につかえるコサージュの手作り方法

そろそろ、卒園式や卒業式、そして入学式や
入園式もその後に待っていますね。

そんな時に着る服装は決まったけれど、
なんだか物足りないからコサージュでも着けたい
と思っているママもいるのではないでしょうか?

そこで今回は手づくりできるコサージュの
作り方をご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

簡単コサージュの作り方

まず、どんなコサージュを作るかイメージを考えましょう。

卒園式や卒業式できるスーツに似合うカラーなどを考えて、
全体がイメージができたら早速材料から探しましょう。

メインとなるお花は、生花や造花、
プリザーブドフラワーから選ぶことができます。

生花でつくると素敵ですが、ちょっと難しいので
今回は一番簡単な造花でつくる作り方をご紹介しましょう。

材料

造花(好きなお花でバラやガーベラなど)

オーガンジーの生地

レース生地

リボン

安全ピン

bluelace_bllcm-03040

作り方

1)始めに造花の茎の部分を5センチ程にカットして園芸用の
  フラワーテープを巻いておきます。

  この時、メインの花意外に小さなカスミソウなどを入れる場合は、
  茎を合わせて巻いていきます。

2)お好みのオーガンジーの生地を花に合わせて5センチ角ぐらいにカットし
  片端を波縫いして、ギャザーを寄せます。

3)このオーガンジーの生地をお花の裏側中心に縫い付けます。

  正面から見た時のバランスを見ながら縫い付けましょう。

4)さらにレースもお好みで同じように縫い付けます。

5)リボンをお花の下からみえるように結んだら、
  最後に裏にピンを縫い付けて出来上がりです。

とっても簡単ですが、バランスなど好みがありますので、
まずは仮縫い程度で全体のバランスを考えてから、
仕上げていくと良いでしょう。

レースと布の切れ端で作るコサージュ

これは、家に余っている布の切れ端とレースで簡単にできます。

ナチュラル風の出来上がりがよければ、麻布の切れ端などで、
華やかな仕上がりが良い場合には、サテンの切れ端などで作ってみましょう。

材料

布の切れ端 6センチ×50センチ

レース1メートル

20101222_1613376

作り方

1)まずはお好みの布の切れ端を幅半分に折って端を
  ざっくりと波縫いしていきます。

2)波縫いした糸を引いていき、ギャザーを寄せていきます。

3)お好みの大きさになるように長さなどは調節しましょう。

4)レースリボンは周りに縫い付けていってもよいですし、
  波縫いする時に一緒に縫い付けて同じようにギャザーを寄せてもよいです。

5)レースの幅が小さい場合には端に縫い付けた方がキレイにみえます。

6)最後にお好みでレースをリボンのように結んだり、すこし長めに
  垂らして、最後のピンを裏側に縫い付ければ出来上がりです。

この切れ端でできるコサージュは、チェック柄の切れ端などで作ると
子どもらしいものも出来ますので、入学式にもおすすめです。

まとめ

コサージュって自分の選んだ服に合いそうなものを選ぶのって
意外と大変だったりしますから、自分でお気に入りを作るのも一つの手。

今回は2つの作り方をご紹介しました。

どちらも簡単なのでぜひ挑戦してみてください。