これでOK!退職祝いの花の選び方や相場。メッセージもプラスして

転職や定年などで会社を退職される方に、
今までお世話になったお礼の気持ちや今後のご活躍を祈って
退職祝いを贈ろうと考えている方は多いでしょう。

退職祝いで贈られるものはいろいろあるけれど、
今回は中でも多くの人が選ぶ、お花についてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

退職祝いに贈る花の選び方は?

退職祝いの贈るお花ですが、
まずはどのくらいの相場なのでしょうか?

一般的には、お花は1万円前後が多いようです。

もちろん、個人が贈る場合と、部署などで
まとめて送る場合などではその金額も変わってきますね。

まとめて贈る場合には、1人2千円前後を集めて
1万~2万円のものを。

友人や知人など個人からは5千円~1万円のもの
といった相場になっています。

退職祝いのお花には、木札をつけることもあります。

特にビジネス取引がある相手の場合、
木札をつけて贈ることが多いようです。

木札の内容ですが、贈り主が分かるように、
またお祝いの文言も書きます。

ただ気をつけなくてはいけないのは退職の理由です。

マイナスのイメージにならない様に
「祝」「御礼」などがよいでしょう。

退職祝いのお花はどのようなものが良いの?

img62078406

退職祝い用のお花というものがあるわけではありませんが、
相手が女性の場合は、華やかな花束やブーケを贈ることが多いです。

とくに相手をイメージしたカラーで作ってもらった花束などが喜ばれます。

また、男性女性とわず退職祝いに贈られるのが
白の胡蝶蘭です。

退職祝いでお花を贈る場合には、今までの感謝の気持ちとともに
直接手渡しするのがいちばんでしょう。

胡蝶蘭など鉢ものを贈る場合には、退職される最後の2,3日前ぐらいに渡し、
当日までは飾っておけるように、また早めに持って帰れるように贈りましょう。

退職祝いに贈るお花にそえるメッセージカードは?

お花のプレゼントにはメッセージカードも添えて贈りたいものですよね。

メッセージカードには、短くても気持が伝わるメッセージを書きましょう。

例えば、

・今まで大変多くの事を教えていただき、ありがとうございました。

・部署一同より感謝の気持ちを贈ります。お世話になりました。

・ご定年おめでとうございます。
 長い間ご指導いただき、本当にありがとうございました。

このようなメッセージを参考にして、自分の気持ちを伝えましょう。

まとめ

退職祝いにお花を贈るのは、華やかで貰った方も嬉しいでしょう。

とくに女性は花束を貰うのはとても喜んでくれます。

今までの感謝の気持ちを込めて、その方に
ふさわしい形のお花のギフトを選んで贈りましょう。