就活の服装のポイントと注意点!男性編

就職活動に必要なのがスーツですが、
どのようなものが良いのか悩みますよね。

今回は男性の就活の服装のポイントと、
注意点をご紹介しますので参考にしてみて下さい。

  [スポンサードリンク]

男性の就活の服装のポイントと注意点①
~ジャケット~

男性の就活のジャケット色は、黒か濃紺が無難です。

濃い目の色のほうが表情が締まって見えるので、
薄いグレーなどは避けるようにしましょう。

05

男性の就活のジャケットは3つボタンが一般的です。

男性の就活のジャケットのサイズは、
まずは肩に合わせてサイズ選びします。

そして着丈は腕を横に下した時に、指の第一関節で
ジャケットの裾が握れるくらいの長さにしましょう。

この基準よりも短い着丈だと窮屈になりますし、
この基準よりも長い着丈だとだらしなくなってしまいます。

男性の就活のジャケットの袖の長さは手首よりやや上で、
腕時計をした場合に見えるくらいが基準となります。

男性の就活のジャケットの襟元はVゾーンが狭いと、
どちらかというとカジュアルな印象になります。

就活のジャケットの場合には、
襟元の開き具合に気を付けましょう。

男性の就活のスーツはオールシーズン用を1着、
春夏用を1着持っておくと良いでしょう。

服装自由と言われた場合もビジネスカジュアルが
基本となるのでジャケットは必要です。

色も黒やグレー等落ち着いたものにしましょう。

男性の就活の服装のポイントと注意点②
~パンツ~

男性の就活のパンツの素材は、
ポリエステル素材がおすすめです。

しかしポリエステル素材は夏場は蒸れやすいので、
ウール素材のものを用意しても良いでしょう。

男性の就活のパンツの裾丈は、床から5cmくらいが基本です。

31jTP7o+c5L._AA300_

例えば靴を脱いだ状態でも、
パンツの裾が床につかない程度の長さになります。

パンツの裾が長すぎるとだらしない印象を与えてしまいますし、
パンツの裾が短すぎるとカジュアルな印象になってしまいます。

またシワシワな服装はみっともないので、
パンツのプレスはこまめにしましょう。

男性の就活のパンツは、
ジャケットに比べて傷みが出やすいものです。

立ったり座ったりしているとシワにもなりやすいですし、
お尻の部分にテカリが出たりしやすいのです。

ジャケット1着に対して、男性の就活の
パンツは2本準備しておくと良いでしょう。

男性の就活の服装のポイントと注意点③
~ワイシャツ~

男性の就活のワイシャツの色は、白が基本です。

03

すごく薄いグレーや、薄い水色程度の色なら構いません。

男性の就活のワイシャツの形は、
レギュラーカラーかボタンダウンが基本です。

タブカラーやワイドカラーのワイシャツは、
男性の就活の服装としてはNGですので避けて下さい。

男性の就活の服装は清潔感がとても重要なので、
ワイシャツは最低4、5枚は準備しておきましょう。

男性の就活の服装のポイントと注意点④
~ネクタイ~

男性の就活のネクタイの色は紺やグレー系統、
柄は無地またはストライプや水玉が無難です。

派手になり過ぎないように注意して下さい。

服装がいくらピシッとしていても、
靴が汚れていてはとてもだらしない印象になってしまいます。

靴の手入れも怠らないようにして下さいね!