入浴剤の効果について知りたい。肩こりや神経痛には?

リラックスタイムとなるお風呂。

お風呂に入る際には、入浴剤を入れるという方も多いと思いますが、実際に入浴剤の効果ってどのくらいあるのか気になったりしますよね。

そこで今回は、入浴剤の効果はどれくらいあるのか、肩こりや神経痛に効果のある入浴剤はどれか、入浴剤の効果についてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

入浴剤の効果ってどのくらいあるの?

実際に入浴剤入りのお風呂に入っていて、すぐに効果を実感する人は少ないかもしれません。

では、それぞれの入浴剤にはどのくらいの効果があるのでしょうか?

例えば、入浴剤の洗浄効果ですが炭酸水素ナトリウムが含まれている入浴剤は、石鹸と同じように皮脂や汗腺のよごれと混ざり合って洗浄する効果があります。

また、入浴剤を入れた時の保温効果ですが、普通の水道水のお風呂に入るよりも入浴後の保温効果は長く持続すると言われています。

他に、炭酸ガス系の入浴剤入りの場合には、血流量を増加させるので、新陳代謝が促進されて体の疲れや痛みなどを回復する効果が期待できます。

illust3458

肩こりに効果のある入浴剤は?

現代人は肩こりの人が多いと言われていますね。

そんな肩こりをお風呂で解消できたらうれしいですよね。

そこで肩こりに効果のある入浴剤をご紹介しましょう。

まずひとつめは、きき湯マグネシウム炭酸湯です。

炭酸ガス系の入浴剤はいろいろありますが、肩こり解消の効果が高いと人気があるのがこの「きき湯」です。

泡の量は少なめですが、じわじわと効果を実感できるようになります。

もうひとつが、クナイプグーテエアホールングバスソルトです。

こちらも効果が高いとして人気の入浴剤。

ドイツの民間療法を簡易的に家庭でもできるようにと作られたクナイプ。

ゆっくりと体を温めて、じんわりと肩こりをほぐしてくれます。

神経痛に効果のある入浴剤は?

神経痛に効果があるとされる入浴剤もいろいろありますが、あまりしられていないけれど、効果は高いとされているのが「パインハイセンス」です。

ヨーロッパで古くから健康入浴法として知られている松葉浴。

松葉の香りに包まれて1日の疲れを解してリラックスできます。

体の芯から温まって神経痛にも効果があるとされています。

まとめ

入浴剤と一口に言ってもさまざまな種類があり、その効果もいろいろありますが、実際に効果が実感できているかどうかは、個人差もあるでしょう。

ですが、口コミなどで効果が高いとされている物も多くありますので、自分の症状にあわせて入浴剤選びをしてみてください。