ふるさと納税って何?人気の秘密は?

最近、ふるさと納税という言葉をよく聞くようになりました。

さまざまな特典があって、上手に利用している人も多くいると
テレビの特集が組まれたりもしていました。

この「ふるさと納税」を自分もぜひ利用してみたいと思っているけれど
あまりくわしいことを知らないという方も多いはず。

そこで、ここではふるさと納税とは何か、そのメリットや税金についてなど
上手に利用する為に知っておきたいことをご紹介しましょう。

ふるさと納税って何?

256

ふるさと納税は、自治体への寄付金の事をいいます。

個人が2000円以上の寄付を行った場合には、確定申告によって
住民税のおよそ1割程度が所得税と住民税から控除される制度となっています。

ふるさと納税を利用する人が増えている理由はいくつかあります。

例えば、ふるさと納税をすると特産品や工芸品など、
各地域からお礼の品がもらえることがあります。

ふるさとという名がついていますが、
もちろん自分が生まれた故郷である必要はありません。

また、税金の使い道はしてできるので、
どの様なことに使ってもらいたいかが選べます。

最近は複数の自治体がふるさと納税を実施しているので、
自治体を選ぶことが出来ます。

  [スポンサードリンク]

ふるさと納税が人気なのはなぜ?

最近、ふるさと納税をする人が多くなっている理由は、特産品や特典が貰えるから。

ふるさと納税をするとそれぞれに地域の記念品や特産品を贈呈している自治体が多く、
中には都会では買うことが出来ないような高価な海産物や果物を扱っている地域もあります。

他にも、宿泊券やさまざまな施設の優待券がもらえたり特典は様々です。

ですから自分が食べてみたいもの、利用したいものを扱っている
自治体にふるさと納税する人も多いようです。

自分が選んだ自治体に貢献できて、おいしいものや特典がもらえるふるさと納税。
上手に利用する人が多いのも納得ですね。

ふるさと納税で税金は控除されるの?

ふるさと納税を行った場合、その年の所得税と
翌年度の個人住民税がそれぞれ控除されます。

所得税控除額、個人住民税控除額のみ2000円を超える部分が対象になります。

例えば50000円のふるさと納税をした場合には、4万8千円の税金が控除されることになります。

ですから、自分が負担しているのはたったの2000円。
これで特産品がもらえたり、ふるさとに貢献できるということなんです。

確定申告方法も簡単ですから、ぜひふるさと納税を始めてみてはいかがでしょう。

ふるさと納税、ちょっと難しそうだと思っていた人も
こんなに簡単でお得な物だとしったら、ぜひ利用してみたいと思う方も多いでしょう。