入院見舞金の相場ってどのくらい?封筒の書き方は?

親戚や友人、知人が病気やけがで入院という知らせを聞いたら、すぐにでもお見舞いに駆け付けたくなりますね。

でも、病気入院の場合には、快復に向かうまではだれにも会いたくないと思っているかもしれないので、あまり焦ってお見舞いに行く必要はありません。

まずは、ご家族の方に様子をうかがってお見舞いに行ってもよいかも聞いてみるとよいでしょう。

お見舞いに行くことになっても、しばらくは行かないことになっても入院見舞い金をお渡しするという場合は多いでしょう。

そこで今回は入院見舞い金の相場などをご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

入院見舞い金の相場を教えて!

入院は何かとお金がかかることが多いので、入院見舞いに御見舞金を頂くと助かるという方も多いでしょう。

ですから、入院見舞いの品物を贈る際に見舞金も同封するなど相手の立場にたって何を贈るかを考えましょう。

さて、その入院見舞い金の相場ですが、1万円以内とされています。

家族や親戚など近しい間柄の場合には、1万円程度、友人の場合は5千円程度、そして職場関係の人の場合には3千円程度が一般的です。

入院見舞い金の封筒は?

実際に入院見舞い金を渡すときに、どんな封筒に入れればいいのでしょうか?

封筒は、左側に赤い線の入ったお見舞い用の袋がよいでしょう。

表書きには「御見舞」や「祈御回復」などと書きましょう。

水引きや蝶結びのご祝儀袋などに入れて渡すのは失礼ですので、間違わないように気をつけましょう。

PID1420

御見舞金のお金は新札を入れてはダメなの?

御見舞金には、新札を使用した方がよいのでしょうか?

じつは、御見舞金には新札を使用しない方がよいでしょう。

なぜなら、新札だとお葬式などと同じように事前に用意していたと思われてしまいかねないからです。

ですから、新札を使用する際には折り目をつけてから入れましょう。

旧札を使用すれば、新札を用意する暇もないくらい急いで駆け付けたという意味が込められます。

また、御見舞金の封筒の入れ方ですが、不幸事のようにお札を裏返しに入れると気分を害されますので、普通に表向きに入れましょう。

まとめ

知人や親戚などの入院の知らせを聞くと御見舞へ行かなくてはいけないと思う方も多いでしょう。

ですが、御見舞は相手によっては、控えてもらいたいと思う場合もありますから事前に状況を確認してから行きましょう。

御見舞に行かなくても御見舞金を贈ることはできますので、ここでご紹介した御見舞金のマナーを覚えて、失礼のないように御見舞金を贈るようにしましょう。