飲んでも大丈夫?ジャスミン茶を妊婦が飲む場合に注意すること

妊娠中には、食べた方がよい物、避けた方がよい物、
飲んだ方がよい物、避けた方がよい飲み物などいろいろあって、
ひとつひとつ調べるのは大変ですよね。

そんななかで香りがよくリラックス効果も高い
ハーブティーのひとつ、ジャスミン茶が好き
という女性も多いと思います。

では、妊婦さんがジャスミン茶を飲んでも大丈夫なのでしょうか?

今回は気になるジャスミン茶について調べてみました。

  [スポンサードリンク]

ジャスミン茶とは?

ジャスミン茶については、もうご存知の方が多いと思いますが
ジャスミンの花の香りがとてもリラックスでき、
すっきりした味わいで飲みやすいので
好んで飲む女性も少なくないでしょう。

さらに脂肪を分解する効果もあるということで
脂っぽい食事の後に飲む方も多いのがこのジャスミン茶です。

では、ジャスミン茶にはどのような成分が含まれているのでしょうか?

ジャスミン茶の成分は、緑茶の成分ににていて、
カテキン・カフェイン・テアニン・ビタミンC・ビタミンE・葉酸・
βカロテン・ミネラル
などがふくまれています。

ジャスミン茶の効能は?

ジャスミン茶を妊婦さんが飲むと
どのようなメリットがあるでしょうか?

ジャスミン茶の香りに含まれる成分が自律神経の緊張を和らげて、
ストレス解消をしてくれると言います。

ですから、マタニティーブルーなどの解消にも効果的です。

さらにジャスミンには子宮の収縮効果があるといわれています。

ですから陣痛中に子宮収縮作用で出産を促す効果もあります。

また出産後の子宮の回復のサポート効果もあります。

longzhu1foot

妊娠初期にジャスミン茶を飲んでも大丈夫?

ご紹介したようにジャスミン茶の香りに含まれる成分には
子宮の収縮効果がありますので、妊娠初期に大量に飲むと
子宮が縮まって流産のリスクをあげてしまうと言われています。

また、緑茶などと同じようにカフェインが含まれているので
お腹の赤ちゃんへの影響が気になる場合には、
妊娠中のジャスミン茶を飲むことは避けた方がいいでしょう。

もちろん大量に摂取しなければ影響はないのですが、
やはり気になる場合には、避けておいた方がいいでしょうね。

まとめ

ジャスミン茶の香りはリラックスできるので大好きという方が多いです。

もちろん健康な方が飲むにはさまざまな良い効果もあってよいのですが、
妊婦さんには心配なこともあります。

もしも気になるばあいには、産婦人科で
ジャスミン茶の摂取について聞いてみるといいでしょう。

大量に飲まなければ問題なないといいますが、
量などについてはひとそれぞれの感じ方がありますので、
きちんと専門医に相談するとよいでしょう。