みんなと差をつける!就活メールの書き方とマナー

就活は、自分の将来を決める大事な事。

どのように活動するかは人それぞれですが、
その一つ一つをどのくらい丁寧に行うかも
成功へのカギとなっています。

そんな中で最近は就活メールを送る学生も増えてきています。

けれども残念ながら就活メールの書き方を知らずに失敗してしまう、
良い印象を与えられなかったなどを話す人もいます。

そこで今回はみんなと差をつける就活メールに
書き方やマナーについてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

就活メールの大事なマナー

せっかく就活メールをかくのに、基本的なマナーを知らずに
失敗してしまうことがよくります。

実は人事の人の話を聞くと10人に1人ぐらいしか
印象の良い就活メールはないという話さえあるのです。

そこで就活メールの大事なマナーをいくつかご紹介しましょう。

1)就活専用のアドレスを作ること

2)就活専用の署名をつくること

3)メールの件名は変更しないこと

4)メールの件名はわかりやすく簡潔にすること

5)返信は24時間以内にすること

この5つは基本のマナーです。

とくに就活専用の署名は、しっかりと
連絡をとりやすいように作っておきましょう。

署名の例としては

*****************
○○大学○○学部○○学科4年

名前○○

住所

TEL

MAIL
*****************

というように必要事項をひと目でわかるようにまとめておきましょう。

就活メールの書き方

それでは、実際に就活メールを書きましょう。

ポイントは書き出しにあります。

ビジネスメールを毎日何通もやり取りする相手に送るのですから、
まずは誰宛てのメールかを明確にしましょう。

例えば、

株式会社○○ 人事部 ○○○○ 様

というように書いておきましょう。

株式会社などは省略せずに正式名称をかくようにします。

mailform
出典:https://www.cabrain.net/

読みやすい就活メールのポイント

それでは、本文はどのように書けばいいのでしょうか?

就活メールの相手は、いそがしいビジネスパーソンですから
用件は的確にがポイントです。

そのポイントとは、

1)適度に行間をあけること

2)適度な位置に改行すること

です。

実際に書いてみて、自分で見直すと
読みやすいメールになっているか分かりますので、
確認は必ずしましょう。

まとめ

最近は、就活でもメールでやりとりすることが多くなってきました。

そんなとき、相手の事を考えてわかりやすい簡潔なメールを
かけるかどうかはとても重要になってきます。

友だちへのメールとはちがい、マナーが存在しますので
それをしっかり確認したうえで失礼のないメールを
書けるようにしておきましょう。