教えて!こどもの日の兜の由来や飾る時期、だれが買うもの?

5月5日の子どもの日近くになると、
こいのぼりがいえいえの屋根高くおよぐ様子を見かけます。

そしてもう一つ、端午の節句と言ったら
「五月人形」「兜」ではないでしょうか。

こいのぼりは無理でも、兜を飾ることが出来る方は多いでしょう。

でも、どうして子どもの日には兜を飾るのか、いつ飾ればいいのか、
だれが購入するものか、という疑問もあるでしょう。

そこで今回は子どもの日の兜について、ご紹介いたします。

  [スポンサードリンク]

こどもの日の兜の由来

こどもの日に兜を飾る理由は、武家社会の風習が
もとになっていると言われています。

端午の節句となると、外には旗幟や吹き流しをたてて
座敷には鎧や兜、武具を飾っていた風習があります。

さらに、災いが外から入ることを防ぐために
武具類を外に飾ったという話もあります。

身の安全を祈願する為に
鎧や兜を奉納するしきたりもありました。

そんな武家社会の風習が
庶民の間に広がったのは江戸時代の事。

庶民の間でも家の前に棚を作って
鎧や兜、やり、などを飾るようになりました。

そして、神様が降りてくる目印になる為に、
兜の頂きの部分に勇ましい人形の細工物をのせました。

それからしばらくして、兜から人形が
独立して飾られるようになりました。

2-148_501

こどもの日の兜を飾る時期は?

それでは、兜はいつからいつまで飾ればいいのでしょうか?

実は、兜を出す時期やしまう時期が
あるのかというと、ありません。

目安としては、季節の節目の行事ですから
春分の日をすぎたら、出しましょう。

早ければ4月中旬、遅くても4月中に、
大安などお日柄の良い日に出せるといいですね。

では、いつまで飾っておくのでしょうか?

こどもの日は5月5日ですから、
それをすぎるとあまり意味がありません。

そこで梅雨入りする前のお天気の良い日に
綺麗にしてから片付けましょう。

こどもの日の兜は誰が買うもの?

そんな兜や五月人形は誰が買うものなのかが気になるところ。

実はきまりはないのですが、
実家が購入するところが多いようです。

関西や東海地方では、お嫁さんやお婿さんの実家が、
関東や東北では嫁ぎ先が購入するというところが多いようです。

ただ、現在は少子化で孫の人数も少ないことから、
どちらの実家も自分が購入したいということもあって、
折半してもらう場合などもあります。

まとめ

こどもの日を前に、兜が家に飾られていると
なんだか勇ましく、清々しい気分になります。

初節句を向かえるお子さんにとっては、大切な日。

兜をどちらの実家が買うか、トラブルにならないように
早めに両家で相談しておくとよいでしょう。