加圧トレーニングってどう?

「加圧トレーニング」という一度は耳にしたであろうダイエット法をご存知ですか?

腕や脚の付け根をベルトで締め付け、一時的に血流量を制限して行うトレーニングなのですが、危険性はないのか、本当に安全にトレーニングできるのか、効果はあるのか・・・本当のところがどうなのかを知りたいですよね。

加圧トレーニングのメリット、デメリットを比較してみましょう。

加圧トレーニングとは

加圧した状態で運動をすると、筋肉に疲労物質である乳酸が蓄積されます。

筋肉が疲労してストレスを感じると、脂肪燃焼する成長ホルモンが分泌されます。

この「成長ホルモン」が加圧トレーニングのキモとなります。

タイミングをみて加圧を解き、血流とともに成長ホルモンを体の隅々まで届け、脂肪を燃焼させるのが加圧トレーニングです。

加圧トレーニングの方法

専用の加圧ベルトを腕や脚の付け根に巻いて適度に締め付け、そのまま10分ほどの運動を行います。

この時の運動は関節や筋肉を痛めない程度のものです。

運動終了後に加圧を解いて血流を元に戻します。

kaa1

加圧トレーニングのメリット

加圧トレーニングは、短時間で出来ること。
軽い運動で高い効果が得られること。

ベルトのみで自宅で手軽に出来ることが最大のメリットですが、最初は専門のトレーナーの指示を受けて正しいトレーニングの基礎を学ぶべきと考えます。

一時的とはいえ、体の血流を制限するわけですから、心臓などに全く影響がないとはいえません。

加圧のレベルや注意点を専門家にしっかりと教わった上で自宅トレーニングを行うことをおすすめします。

加圧トレーニングの効果

加圧トレーニングで成長ホルモンが分泌され、血流に乗って全身に運ばれると、加圧トレーニング開始からおよそ1時間後に体脂肪が分解されます。

さらに2~3時間後には筋肉合成が始まります。

筋肉が増えると基礎代謝が上がり、脂肪燃焼効果も上がってイヤでも太りにくい体になります。

これが、加圧トレーニングのダイエット効果です。

●体重のリバウンドがない
●筋肉が引き締まり脂肪が燃焼する
●太りにくく贅肉がつきにくい体質になる
●関節や靭帯に負担がかからない

  [スポンサードリンク]

加圧トレーニングのデメリット

非常に簡単で高い効果が得られる加圧トレーニングですが、残念ながらデメリットがあるのもまた事実。

加圧トレーニングのデメリットとは何でしょうか。

まずは、「点状出血」といわれる加圧ベルトを巻いた時に起こる内出血です。

個人差はありますが、血管が細い方などはあらわれやすい症状です。

簡単にできる加圧トレーニングではありますが、実際にやってみるとかなりキツイ運動です。

健康でさらなる体力をつけたい方向けのダイエット法といえます。

加圧トレーニングはコストが高いこともデメリットのひとつですね。

加圧トレーニングを行うにあたっての注意点

体に何らかの疾患や障害がある場合には加圧トレーニングは控えましょう。

悪性腫瘍、脱臼、肉離れ、心臓、急性疾患、化膿性疾患、皮膚疾患、高血圧症、妊娠中、骨粗しょう症、脳疾患のリハビリ中など、正常な状態にない状況下で加圧トレーニングを行う場合には、必ず医師にご相談下さい。

加圧トレーニングはあくまでも健康な方がより体力を鍛えるためのものであり、体に何らかの異常や疾患、過去の既往症がある方には一時的とはいえ血流を制限する加圧トレーニングはおすすめ出来ません。

加圧トレーニングについてのおおまかなメリット、デメリットは以上の通りです。

たくさんのダイエット法やトレーニング法がありますが、大切なのは自分に合うダイエット法であるかどうかです。

どんなに効果が出るといわれる方法でも体質的に合わなかったり、予想もしなかった疾患を引き起こしたり、体力的に継続できないのでは意味がありません。

ダイエット方法のメリット、デメリットをきちんと確認して最適なダイエット法を見つけることが大切です。