タイトスカートの簡単な作り方!ウエストゴム編

女性の必須ファッションアイテムタイトスカートは、生地を変えればオールシーズン活躍しますよね。

今回は脱ぎ着もしやすいウエストゴムタイプの、タイトスカートの簡単な作り方をご紹介します!

  [スポンサードリンク]

タイトスカートの作り方~準備するもの~

タイトスカートを作る際に必要なものは、お好きな布、ゴム、ミシン、ハサミです。

あればひも通しを準備して下さい。

20130628-failure-common-to-the-beginner-of-a-sewing-machine-3
出典:http://www.karuju.com/

ひも通しは100円ショップなどでも購入出来るので、あると便利です。

タイトスカートの作り方~サイズの決め方~

タイトスカートの長さや横幅を決めましょう。

実際に生地を着る人に巻き付けたりしてもOKですが、お手持ちのスカートを参考にすると良いです。

タイトスカートの縦の長さには、縫い代分で9センチプラスして下さい。

タイトスカートの横の長さには、縫い代分で4センチプラスして下さい。

今回は二枚で作るタイトスカートなので、同じ要領で2枚分生地を準備して下さい。

タイトスカートの作り方~実践編~

112410601_L

①生地の表同士を合わせて、脇線を縫います。

脇線を縫う前にジグザグミシンでほつれ止めをして下さい。

縫い始めと縫い終わりは、必ず返し縫いして下さいね。

②次にウエスト部分を作っていきます。

タイトスカートの表になる側を中にした状態のまま、最初にぐるっと一周ジグザグミシンで縫っておきます。

ウエストになる部分を折り返し、ゴムを通す幅をあけてぐるっと一周縫って下さい。

ゴムの入れ口は縫わずにあけておいて下さいね。

ゴムの入れ口はどこでも構いませんが、脇線の部分が目立たないのでGOODです。

縫い始めと縫い終わりは、必ず返し縫いして下さいね。

③次にすそ部分を始末していきます。

タイトスカートのすそ部分を、1センチ幅の三つ折りにしてから縫います。

④ゴムの入れ口からひも通しを使い、タイトスカートのウエスト部分にゴムを通します。

ひも通しがない場合は、安全ピンなどを先につけてもOKです。

最後にゴムの端を3cmくらい重ねるので、その長さを考慮しておいてくださいね。

タイトスカートのウエスト部分のゴムを通し終わったら、それぞれの端を3cmほど重ねかがり縫いします。

ゴム通し口をまつり縫いで閉じたら、タイトスカートの完成です!

ウエスト部分のゴムの長さが不安であれば、ゴムを切る前に一度タイトスカートを履いてみて下さい。

そうするとウエスト部分で失敗することはありません!

一度タイトスカートを履く際は、ウエスト部分のゴムは洗濯バサミなどで留めておくと便利です。

お気に入りの生地で、素敵なタイトスカートを作って下さいね!