どうして?仰向けで寝れない原因は?腰痛や息苦しさの原因は?

普通なら仰向けで眠りたいけれど、腰痛や息苦しさで仰向けでは眠れない。

いつも朝起きてみると同じ格好で寝ている。

そんな方も少なくないと思います。

では、どうして仰向けで寝ることができないのでしょうか?

今回は仰向けで寝られない原因などについて、調べてみました。

  [スポンサードリンク]

理想の寝相は仰向け

実は、人間は寝ている間に無意識に体のゆがみを治しています。

ですから、理想的な寝相と言えば、仰向けなのです。

人は起きている間は座っていても立っていても、姿勢を保つために身体のどこかで筋肉を働かせているのです。

そして眠ることで初めてすべての筋肉や骨盤の緊張をほぐすことができます。

そのために、何処にも力が入っていない状態が理想なのです。

ということで直立の姿勢に近い寝相が仰向けというワケなんです。

仰向けが出来ない理由

理想の寝相である仰向けができないという人がいます。

仰向けで寝ると気持ちが落ち着かないとか、腰が痛い、息苦しさを感じる。

実は、それは体のゆがみが原因なのです。

469a3be59bb32cbde3743f56491b1285

まっすく水平になる仰向けの姿勢だと、ゆがんだ体にはつらい体勢になります。

ですから体が歪んでいると仰向けで寝づらいのだそうです。

もちろん、ほかにも原因は考えられます。

例えば寝具が自分に合っていないこと。

寝返りを打つ為にはある程度の硬さのある敷布団が必要です。

やわらかすぎたりすると寝返りが打ちづらいので寝具の見直しも考えましょう。

腰痛が原因で仰向けで寝られない場合

腰痛が原因で仰向けで寝られない場合には、起きてすぐに軽い運動をすると解消することができます。

まずは布団の中で四つん這いになって背中を丸めたりそらしたりします。

これを起きてすぐ、1分以上繰り返してみてください。

さらに四つん這いになりながら、足首をくるくる回す運動もプラスします。

これを毎日、朝起きてすぐにやるだけで体が気持ちよく伸びて腰痛解消になります。

ほかにも、テニスボールを使ったマッサージなどもあります。

まとめ

毎日の睡眠で一番大切なことは熟睡できることです。

熟睡できると日々の疲れをとって、朝には元気に1日をスタートさせることが出来るようになるのです。

ですから、一番理想の仰向けで眠る為には、体のゆがみをとったり、自分に合った寝具をえらんだり、エクササイズを取り入れて、気持よく眠れるようにしなくてはいけません。

自分に合った方法を見つけて、熟睡して気持ちよい朝を迎えましょう。