大事なシーンで「ひぇっくしょんっ!」 そのままで大丈夫???

花粉症にかかってしまうと、くしゃみや鼻水、鼻づまりの症状が気になって集中力が欠けやすく、日常生活や仕事に支障をきたしてしまいます。

大切な商談中に、鼻水ジュルジュル、真っ赤なお目目をゴッシゴシ。

大事な取引先からの電話で、開口一番「ひぇっくしょんっ!」上司に呼ばれて、まるで叱られたかのごとく涙がボロボロ・・・ 「俺が泣かしたのか?」 なんてことに。

仕事だけではありません。

恋人とのデート中、気分は最高潮。「あ~ いいムード♪」そんな時にゴッホゴッホと真っ赤な顔で咳き込み、せっかくのムードが台無し。

季節は春・・・そして人生も春。玉の輿にのれるかどうかの大事なお見合いの席。

抜群に決めた最高の装いなのに、滝のように流れて止まらない鼻水。

このように、花粉症は日常生活に支障をきたします。

早めに対策をとって、必要があれば改善しましょう。

花粉症かな?らしいかも・・・ そんな時には

花粉症の症状がみられた場合には、早めに病院を受診しましょう。

眠くならない薬の処方など、生活や仕事に支障のない治療法がみつかります。

花粉症対策は早め早めが効果的

症状を軽減するには早めの事前対策が有効です。

事前対策は2月に入ったら病院を受診し、治療を開始しましょう。

症状が表れた場合は、対症療法を行います。

点鼻薬や内服薬などで不快な症状を抑えます。

  [スポンサードリンク]

今すぐできる花粉症対策3箇条

①マスクや眼鏡を使って花粉を取り込まない

・外出の際は眼鏡とマスクと帽子の3点セットをお忘れなく。

・外出した時は、家に入る前に上着についている花粉を落とし、うがい手洗いを徹底しましょう。

・洗濯物は、花粉の時期だけでも屋外に干すことは避け、屋内の日当たりの良い部屋などで干すようにしましょう。

・布団を干した場合は、取り込んだら必ず掃除機をかけましょう。

・部屋の湿度を適度に保ちましょう。

②バランスの良い食事と規則正しい生活で、体の抵抗力を上げる

・バランスの良い食事は体の抵抗力を高め、花粉症にかかりにくい体質にします。

ビタミン、ミネラルを積極的に摂るように心掛けましょう。

・できるだけ夜更かしをせず、しっかりと睡眠をとり、十分に休養しましょう。

③薬の力を借りる

花粉症にかかってしまった場合は、薬の治療が何よりです。

内服薬、点鼻薬などで症状を軽減させましょう。

花粉症対策グッズとして、加湿ぬれマスク、鼻専用ジェル、マスクの除菌スプレー、ローションティッシュなどがあります。

ここまですれば完璧ですが・・・

3268d900700e16f9d646ed29663b3e4e_5824

最近はノーズマスクピットが人気ですね。

これらのグッズをうまく取り入れ、少しでも花粉を取り込まないように花粉の季節を乗り切りましょう。