初心者でも簡単!ゴーヤの育て方!

初心者でも簡単に出来る、
ゴーヤの育て方をご紹介します!

  [スポンサードリンク]

ゴーヤの育て方①~タネをまく準備~

最初にプランターにタネをまく準備をします。

プランターの一番下に、鉢底石を敷きます。

プランターの底に鉢底石を敷くと、通気性がよくなります。

鉢底石の上に土を入れます。

ゴーヤを育てるには、通気性の良い培養土が良いです。

培養土はプランターの上に、
約3cm余裕が出来るくらいまで入れましょう。

ゴーヤの種は1晩水に浸けておきます。

水に浮いたままのタネは発芽しないので、
取り除いておきましょう。

ゴーヤの育て方②~タネをまく~

タネはプランターに2個ずつまきます。

間隔は20センチ程度空けて下さい。

タネをまいたら1cmくらい土をかぶせ、
たっぷり水をあげて下さい。

ゴーヤはタネを植えてから、1週間くらいで発芽します。

土の表面が乾いたらプランターの底から水が溢れるまで、
しっかりと水を与えて下さい。

水のやり過ぎはゴーヤのタネが腐る原因になるので、
十分に気を付けて下さい。

ゴーヤのタネは暗い場所の方が発芽しやすいです。

またゴーヤのタネの発芽の適温は25度~30度なので、
温度には注意しましょう。

ゴーヤの育て方③~間引き~

ゴーヤの芽が出て本葉が2~3枚になったら、間引きします。

間引きとは大きく育っているゴーヤの葉を残し、
小さい葉をハサミで切ることです。

この頃も土の表面が乾いたら、
プランターの底から水が溢れるまでしっかりと水を与えて下さい。

根が腐る原因になるので、
水のやり過ぎには十分に気を付けて下さい。

ゴーヤの育て方④~ネットを張る~

ゴーヤのつるが伸び始める前に、
ゴーヤを育てる場所決めてネットを張る準備をします。

ネットは網目が10cmくらいのものにしましょう。

ゴーヤは実が出来ると重くなるので、
ある程度耐久性のある園芸用ネットにして下さい。

ネットにつるが伸びネットの上端まで親づるが届いたら、
親づるのつるの先を2~3cm切って下さい。

2706819
出典:http://chikafumi.blog.so-net.ne.jp/

ゴーヤの育て方⑤~受粉~

ゴーヤのつるが伸びてくると、黄色い花が咲きます。

img_1

本来はミツバチなどがゴーヤの受粉をしてくれますが、
ご家庭でゴーヤを育てる場合には人工的に受粉させます。

雄花と雌花のおしべとめしべをつけて下さい。

ゴーヤの育て方⑥~収穫~

6_PICT1

ゴーヤのタネをまいてから、約75日で収穫時期となります。

ゴーヤーの実の表面のイボイボが、膨らんでくるのが目安です。

ゴーヤーが成長し過ぎると実が黄色くなって、
最後には破裂してしまいます。

ゴーヤーの実が緑色のうちに必ず収穫しましょう。

ゴーヤの育て方は意外と簡単なのです。

緑のカーテンを作ると夏も涼しく過ごせるので、
ぜひご自宅でゴーヤを育ててみて下さいね!