結婚式のお呼ばれOKスタイル・・・わかっていますか?

結婚式・・・ 

何を着ていけばいいの?

およばれの基本スタイル、やってはいけないNGスタイルを
きちんと理解しておけば、慌てふためくこともありません。

お呼ばれスタイルの基本は社会人の常識として覚えておきましょう。

結婚式のお呼ばれOKスタイル

・髪は清楚で華やかにまとめましょう
・パールなどの控えめアクセサリーを
・肩が露出しないようボレロやショールを羽織りましょう
・小ぶりで華やかなパーティーバッグ
・スカート丈はひざ下丈が基本
・ストッキングは必ずはきましょう
・靴はパンプスがおすすめ

結婚式のお呼ばれOKスタイルは、
きちんとまとめたヘアスタイル、パール基調のアクセサリー、
小ぶりのパーティーバッグ、白以外の色のドレス が基本です。

全体的に花嫁さんとかぶらないように注意すれば、
おのずとどのようなスタイルにすれば良いかがわかります。

f09db8aaaf156b7117ef391708a3f247

結婚式のお呼ばれNGスタイル

・おろしたままのヘアスタイル
・背中や肩が露出したスタイル
・爬虫類などの大きすぎるバッグ
・きらびやかなアクセサリー
・真っ白のドレス
・短すぎるスカート丈
・素足
・ミュールやブーツ

ヘアスタイル

髪をきちんとまとめないと不衛生ですし、見た目も清潔感に欠けます。

アクセサリー

花嫁のアクセサリーと間違われるようなネックレスはNGです。

バッグ

結婚式では大きめのバッグもいけません。

お子様同伴で荷物が多い場合は、
パーティーバッグの他にサブバッグを持参しましょう。

衣装

真っ白な衣装は花嫁だけの特権です。
純白の衣装は厳禁です。

淡い色合いのスタイルを選ぶ場合は、ダーク系の羽織やショールなどで
全体的に白っぽくならないように心掛けましょう。

肩の露出は控えます。羽織るものを用意するか袖付きドレスを選びましょう。

着丈はひざ丈程度のものを選びます。

ストッキングは必ず履きましょう。
素足や厚手のタイツはNG。

靴はパンプスが基本、ブーツやミュールは厳禁です。

毛皮やファーは出来る限り控えることをおすすめします。

キツイ香水は控えましょう。

  [スポンサードリンク]

結婚式のおよばれ助っ人アイテム

これらが基本のスタイルですが、自分でコーディネイトするのが不安。
頻繁におよばれがあるわけではないし、高い衣装を買うのはちょっと・・・

そんな方におすすめなのが「レンタル衣装」です。

何十万円もする高いドレスを買うのが難しい、
安価で手に入ったドレスだけれど、何となく安っぽい、
ブランドドレスを着てみたい、
一度きりのドレスシーンにお金をかけたくない、
購入したドレスのメンテナンスが面倒、

これらの問題はすべて解決!

自分でコーディネイト出来る方はドレスのみを単品でレンタル。
購入すれば30,000円近くかかりますが、レンタルならば5,000円程度。

ドレスもショールもネックレスもセットで揃える場合は、
すべて購入で約10数万円のところ、レンタルならば1万円前後。

購入するよりもかなりお安くレンタル出来ます。

レンタルドレスのメリットは、難しいことを考えなくていいところにあります。
およばれOKスタイルかNGスタイルかなんて一切悩む必要はないのです。

たとえ基礎がわからなくても、
レンタルすることでどんな衣装を着ればいいのかがおのずとわかってきます。

現代は、インターネットで一発解決してしまうのですから、
良い時代になったものです。