おすすめの紫陽花の名所や見ごろ!関東編

おすすめの紫陽花の名所と、
その見ごろ時期などをご紹介します!

  [スポンサードリンク]

おすすめの紫陽花の名所&見ごろ!関東編①
「雨引観音」

所在地は、茨城県桜川市本木1です。

開園時間は8:30~17:00で、
入園料は無料です。

雨引観音は、安産子育ての観音様として有名です。

24rakuho
出典:http://www.bandou.gr.jp/

雨引観音の周辺はとても自然豊かで、
四季折々色々な草花を楽しむことが出来ます。

紫陽花の見ごろは6月中旬~7月中旬で、
10種3000株の紫陽花の花を見ることが出来ます。

おすすめの紫陽花の名所&見ごろ!関東編②
「あじさい山公園」

所在地は、埼玉県入間郡越生町麦原です。

開園時間は8:30~17:00で、
入園料は200円です。

5.6ヘクタールと広大なあじさい山公園内に、
約13,000株もの紫陽花が植えられています。

紫陽花の見ごろは、6月中旬~7月上旬頃です。

紫陽花の見ごろ時期になると、
周辺の山々にまで紫陽花が咲き乱れています。

毎年6月後半には、
あじさい街道祭り&城山ハイキング大会が開催されます。

地元の農産物販売や屋台などが出るので、
多くの観光客で賑わいます。

おすすめの紫陽花の名所&見ごろ!関東編③
「麻綿原高原」

TS313564
出典:http://www.tabitm.com/

所在地は、千葉県夷隅郡大多喜町筒森1749です。

開園時間は特に定めがなく、
また無料で入園することが出来ます。

麻綿原高原は関東有数の紫陽花の名所で、
住職が丹精こめて育てた紫陽花は約4~5万株です。

紫陽花の見ごろは、7月上旬~7月下旬です。

素朴な色合いの紫陽花が高原全体に広がる景観は、
とても美しく癒されます。

おすすめの紫陽花の名所&見ごろ!関東編④
「ひめはるの里」

所在地は、千葉県茂原市上永吉1076-1です。

開園時間は9:00~17:00で、
入園料は500円です。(4.5.6月は800円です)

ひめはるの里は自然豊かな公園で、山と湖に囲まれています。

周辺には国の天然記念物に指定されている、
ヒメハルゼミが生息しています。

6月下旬から7月下旬にかけてその鳴き声を聞き、
風情を感じることが出来ます。

ひめはるの里は四季折々色々な草花を楽しめる公園で、
紫陽花は約3500株植えられています。

紫陽花の見ごろは、6月上旬~7月中旬です。

同じ時期に、ハナショウブも楽しむことが出来ます。

おすすめの紫陽花の名所&見ごろ!関東編⑤
「大雄山最乗寺」

1-20131225172730
出典:http://www.city.minamiashigara.kanagawa.jp/

所在地は、神奈川県南足柄市大雄町1157です。

開園時間は8:00~16:00で、
入園料は無料です。

大雄山最乗寺は花の寺として有名で、
境内は年中季節の花で彩られています。

特に紫陽花がとても見事です。

約3キロの長さがある「大雄山あじさい参道」は、
約1万株の紫陽花の花で埋め尽くされています。

のんびりと歩きながら紫陽花を楽しむことが出来るので、
風情がありとても癒されます。

紫陽花の見ごろは、6月中旬~7月上旬です。

関東には紫陽花の名所がまだまだ沢山あります。

見ごろ時期になったら紫陽花の名所に行き、
雨の日でも楽しく過ごしましょう!