父の日の手作りメッセージカードの作り方は?幼稚園や保育園では?

父の日は、普段なかなか伝えられないお父さんへの
感謝の気持ちを素直に伝えられるチャンスなので、
ぜひしっかりメッセージも添えてプレゼントを贈りましょう。

さて、そんな父の日のメッセージカードですが、
せっかくなので手作りしてみてはいかがでしょうか?

今回は手づくりメッセージカードの作り方などをご紹介いたします。

  [スポンサードリンク]

父の日のぴったりのシャツ風カード

父の日のイメージと言えばネクタイやシャツ。

そこでシャツ型の手作りカードを作ってみましょう。

材料

カード用の画用紙、カード内側の紙、ポロシャツ用画用紙、ボタン

作り方

1)まずはカードの土台を作ります。
  お好みのサイズにカットしたら半分に折ります。

2)カードの内側の紙は土台の紙より5ミリほど小さ目にカットして
  半分に折って土台の紙に貼りつけます。

3)シャツを作ります。

  カードの片面に入る大きさでシャツ型にカットします。

  さらに、袖やポケットなどもカットして貼り付けます。

  1枚でカットしてしまうよりも別にカットして
  貼り付けると立体的に見えます。

4)サインペンでステッチなどをかいていきます。

5)ボタンもボンドで貼り付けます。

これでできあがりです。

とってもかわいくて父の日らしいカードになりますので
ぜひ、お試しください。

IMG_7425
出典:http://terutamago.blog.so-net.ne.jp/

幼稚園や保育園のお子さんでも作れるカード

子どもと一緒に作る父の日のカードならもっと簡単に。

ということで、子どもの成長が分かるカードを作りましょう。

作り方はとっても簡単。

カードの土台となる画用紙は
好きな大きさにカットして半分に折ります。

そして、別の紙に子供の手形を映します。

絵の具やスタンプインキなどを使いましょう。

そこに、「○○ ○歳」と記録しておきましょう。

これを、カードの表に貼りつけて、子どもと一緒に
シールで飾ったり色をぬったりして手作りカードにしましょう。

毎年同じように手形をプリントしたカードを作れば、
お父さんにとってはとてもよい記念にもなるでしょう。

簡単で素敵なカードになります。

写真でつづるメッセージカード

そして、節目に贈りたいカードもあります。

例えば、子供が10歳や20歳の父の日のメッセージカードには
今までのお父さんとの思い出の写真を
何枚か貼ったオリジナルのカードがおすすめ。

お父さんのおかげでこんなに大きくなりました。

というメッセージが伝わるでしょう。

お父さんはなかなか写真をアルバムに整理したりしないけれど、
こんなふうにカードにしてもらえると喜ぶでしょう。

これも、簡単に作れるので小さなお子さんから大人まで
ぜひ、オススメしたいカードです。

まとめ

父の日のメッセージカードはふだんなかなか伝えられない
素直な気持を伝えるためにも手作りがおすすめ。

難しく考えなくても家にある材料でもアイデア次第で
素敵なカードが作れますのでぜひチャレンジしてみてください。