赤ちゃんの鼻づまりの原因、解消法は?寝れない時は?

赤ちゃんは生まれて間もないころ、授乳の後などに
鼻が詰まって苦しそうにしていることがよくあります。

鼻づまりになるとどうしても口呼吸になるので
よだれもすごいことになります。

また、鼻が詰まって機嫌が悪く、
寝れない時などは心配になりますよね。

今回は、そんな赤ちゃんの鼻づまりの原因や
解消法などについてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

赤ちゃんの鼻は詰まりやすい

赤ちゃんの鼻が詰まりやすいのは、のどや鼻粘膜に
分泌物が多くて首が詰まっていることもあり、
鼻腔が狭く詰まりやすいのです。

また、産まれたばかりの赤ちゃんは授乳間隔が狭いので、
いつも のどの奥にミルクやオッパイが残っている状態でもあり、
ほかの分泌物と混ざって鼻が詰まりやすくなってしまうのです。

赤ちゃんの鼻づまりの対処法は?

そんな鼻づまりで苦しそうにしている赤ちゃんを見ると
ママもつらくなってしまいますよね。

そこでママがしてあげられることがあります。

それが、綿棒でとってあげることです。

大人用の綿棒の先を解して、見える位置にある
鼻くそなどはとってあげることができます。

鼻の外に流れてくる鼻水は赤ちゃん用の鼻水吸引器を使って
吸い取ってあげることもできます。

それでもどうしても鼻水が取れない場合には、
起きている時に腹ばいにして、首を持ち上げるように
練習すると自然にとれることが多くあります。

また、乾燥した室内では鼻が詰まりやすいので、
ある程度の湿度を保つようにしましょう。

552ad32babdae2a13f31a3803ab125d6

鼻づまりで赤ちゃんが寝られない時は?

どうしても鼻づまりが苦しくて赤ちゃんが寝られない時は、
暖かい蒸しタオルで温めてあげると良いでしょう。

鼻があたたまることで鼻水が流れやすくなります。

また、鼻の入り口を刺激してくしゃみをさせてあげると、
詰まっていたものが取れることもあります。

お風呂上りで体があたたまっている時にやると効果的です。

けれども、何日も同じような状態が続いて
眠れない日が多いようなら、一度耳鼻科に行って相談しましょう。

医療用の吸引器で鼻水を吸ってもらうこともできますし、
適切なお薬を出してくれることもあるでしょう。

まとめ

大人でも鼻が詰まっていると苦しくて眠れなかったり、
頭痛がしたりすることがありますから、
ちいさな体の赤ちゃんも鼻づまりはかなりの負担となるでしょう。

眠いのに眠れなくてイライラして泣き続けたり、
しっかりミルクが飲めないなど生活にも支障をきたすこともあります。

ですから、出来るだけ早く対処してあげるといいですね。

家庭での対処では治らない場合は、早めに専門医に相談しましょう。