寝不足で吐き気を感じるのはなぜ?対処法や解消法は?

皆さんは、毎日たっぷりと睡眠をとれていますか?

忙しい仕事や家事に追われてあっという間に1日が過ぎていくために、なかなか睡眠がとれずに、寝不足が続いているという方もいるでしょう。

そして、そんな寝不足が原因で吐き気を感じることはありませんか?

今回は、寝不足で吐き気を感じる原因や対処法などをご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

寝不足と吐き気の関係は?

人は寝不足が続くと、心身の疲労によって日常生活にも問題が生じます。

睡眠は時間の長さだけでなく、眠りの深さも大事です。

浅い眠りで疲れが取れなかったり、時間が短すぎるなどの状態が続くと、食欲のバランスが崩れたり、記憶力や思考力が低下したりします。

日中には疲労感がのこり、集中力が低下し、異常な眠気もかんじます。

このように寝不足は、脳や各器官、筋肉などのあらゆる場所に影響を及ぼすのです。

ですから、寝不足で吐き気を感じるのも免疫力の低下食欲バランスの崩れから来ています。

寝不足の吐き気解消法は?

では、寝不足で吐き気を感じた時はどうすればいいのでしょうか?

先ずは、なるべく胃に負担がかからない様にしなくてはいけませんから、御粥や雑炊、うどん、野菜スープなどを食べるようにしましょう。

飲み物は白湯やスポーツドリンクがオススメです。

休みの日なら、昼寝をして少しでも
睡眠をとるように心がけましょう。

db2cd103d171065cff1b7c5a2864ae0e1

寝不足の吐き気を予防するには?

寝不足の吐き気を予防する方法は、寝不足にならないことです!

寝る前の飲み物は、ハーブティーの安眠に効果のある
ラベンダーティーやカモミールティーなどがオススメです。

また、アロマオイルを焚くのもオススメ。

マジョラムやネロリ、スイートオレンジがオススメです。

寝る前にストレッチなどをするのもオススメです。

副交感神経に働きかけてリラックス効果もありますので、毎日の日課にするとよいでしょう。

また時間があれば、昼間にすこし運動をすると体が適度に疲れるので夜気持ちよく眠ることができるでしょう。

そして、昼間に太陽の光をたっぷり浴びることも大切です。

ぜひ、お天気の良い日は用事がない日も外にでて散歩などを楽しみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

寝不足で吐き気を感じるという方は多いようですが、その原因である寝不足をなかなか解消できない方もいます。

寝不足解消のためには、日中に適度に体を使うことが大切です。

また、寝る前の時間はできるだけゆったりとすごして、パソコンやスマホを使用しないなどの心がけも大切です。

すこしでも気持ちの良い睡眠をとれるように頑張りましょう。