Pocket

  [スポンサードリンク]

花粉症の症状でのどに痛みが出る場合もあるの?その原因は?

花粉の季節。

マスクをしても、薬を飲んでも、なかなか症状が改善されなくてつらい思いをしている方も少なくないでしょう。

花粉症の症状と言えば、くしゃみや鼻水が一般的だけれど、それ以外の症状を感じる人もいますね。

その一つがのどの痛みです。

鼻水やくしゃみなどと違うのどの痛みの症状は、ほかに花粉症の症状のように対処することができるのか気になりますね。

そこで、今回は花粉症の症状でのどの痛みがでる原因や対処法について、お話ししていこうと思います。

ぜひ、参考になさってください。

花粉症でよくある喉の症状は?

花粉症でのどの症状が出る人も実は少なくありません。

では、喉のどのような症状がでるのでしょうか?

1.喉がかゆい

のどがかゆいという症状がある人は少なくありません。

体の外側がかゆい時は掻くことができますが、のどのかゆみだと掻くこともできないのでもどかしくなります。

人によっては、夜眠れないほどのかゆみがある人もいます。

2.喉が腫れる

花粉症によってのどの腫れや痛みといった症状がある人もいます。

風邪ではないのに喉が腫れている場合には花粉症が原因とも考えられます。

3.喉のイガイガ

もうひとつ、花粉症の症状でよく現れるのがのどのイガイガとした不快感です。

どうして花粉症の症状がのどにでるの?

では、なぜ花粉症の症状がのどに出てしまうことがあるのでしょうか?

1.花粉アレルギーがのどで起こる

花粉がのどを通る時に直接触れることでアレルギー反応が起きて、のどに症状がでることがあります。

花粉症によってくしゃみや鼻水がでることで、口呼吸になってしまい、鼻呼吸の時よりものどに花粉が入りやすくなるのも原因です。

2.口呼吸になると雑菌が入りやすい

花粉症の一般的な症状である鼻水や鼻づまりが止まらないことによって鼻呼吸ができずに、口呼吸になってしまいます。

鼻呼吸のときは粘膜や鼻毛などを通るので細菌やウイルスの侵入をふさいだりできます。

けれども、口呼吸では細菌やウイルスが直接入ってきてしまいます。

これによってのどの痛みやイガイガといった症状がでるのです。

3.喉の粘膜が炎症する

口呼吸をすることで空気がそのまま取り込んでしまいます。

このことで乾燥した空気がのどを通るので粘膜が壊れて、炎症を起こしてしまうのです。

このようにいくつかの原因によって、花粉症でものどに症状がでてしまうのです。

  [スポンサードリンク]

花粉症の症状と風邪の症状の違いは?

花粉症ののどの症状と風邪ののどの症状の違いはどこにあるのでしょうか?

1.期間

風邪でのどが痛い場合には、ウイルスによって炎症を起こしているので炎症が治まるとのどの痛みもおさまります。

ですから、1週間程度で痛みがおさまりますが、花粉症の場合には花粉がなくならないと終わらないので数か月かかります。

2.喉の痛み以外があるか

風邪でのどが痛い場合には、鼻水や咳などの他の症状が有る場合には風邪の可能性があります。

ただ、鼻水は花粉症でも症状としてあります。

花粉症のときの鼻水はさらさらで透明のことが多いですが、風邪の場合にはどろっとして黄緑色のことが多いです。

このような違いがあるので花粉症の症状か風邪の症状か見極めましょう。

花粉症ののどの痛みの解消法は?

では、花粉症でのどの症状がでたときには、どのように対処すればいいのでしょうか?

1、抗アレルギー薬を服用する

花粉症の症状を抑えるためには、薬による治療がよいでしょう。

抗アレルギー剤は花粉症の症状である鼻水や鼻づまりに効果がありますので、鼻呼吸しやすくなることでのどの炎症を抑えることもできるでしょう。

2.花粉が多い日は外出を控える

どうしても、のどの痛みがひどい場合には、花粉の飛散量が多い時はできるだけ外出を控えるようにしましょう。

室内にいる時には加湿器を使ったり、空気清浄機を利用するとよいでしょう。

3.帰宅したらシャワーをあびて早めに着替える

家にかえったらできるだけ早めに体についた花粉を素早く落さなくてはいけません。

玄関に入る前に上着を軽くはたいて、手洗いうがいをしたら、早めにシャワーを浴びて体についた花粉も落とすようにしましょう。

4.医師に相談する

花粉症によるのどの痛みであってもなかなか症状が治らない場合には辛いので、医師に相談するとよいでしょう。

花粉症の改善方法は、ほかにも食事療法やツボ押し、ハリなどの方法もありますので、自分にあった改善方法を見つけるとよいでしょう。

花粉症ののどの痛みは早めに解消

いかがでしたか?

花粉症といえば、鼻水やくしゃみと思っていましたが、のどの症状が出る人も意外と少なくないことがわかりました。

ただ、花粉症によるのどの痛みは風邪より長引きますので、症状をできるだけ改善しないとつらくなってしまいます。

そこで今回ご紹介したような改善法をためしてみてはいかがでしょうか?

また、どうしても改善できない場合には、無理せずに早めに医師に相談するとよいでしょう。