Pocket

  [スポンサードリンク]

花粉症で熱がでることってあるの?その原因と対処法は?

花粉症の一般的な症状として思い浮かぶのは、鼻水やくしゃみ、目のかゆみではないでしょうか?

花粉症は、体に入りこんで花粉が刺激となってアレルギー反応を押して、目や鼻にさまざまな症状が起こります。

花粉症と言えば、このような直接的なアレルギー症状だけでなく、実は二次的な症状が起こることもあります。

それが、発熱や寒気、頭痛といった症状なのです。

では、どうして、花粉症で熱がでることがあるのでしょうか?

今回の記事では、花粉症と発熱の関係や対処法などをご紹介していきましょう。

ぜひ、参考になさってください。

花粉症で熱がでるのはどうして?

花粉症でも熱が出ることがあるのですが、それはどうしてでしょう。

花粉症による発熱には幾つかの原因が考えられます。

1.鼻づまりによって脳が酸欠状態である

2.花粉を体内から排出しようとする防御反応

3.花粉症の症状による体力の消耗や免疫力の低下

このようなことが原因として考えられます。

花粉症で鼻が詰まった状態が続くと、酸素を取り込む量が減ってしまうので脳が酸欠状態になってしまいます。

そのため、自律神経の働きが乱れて、体温や血流の調節がうまくできなくなります。

それが原因で発熱してしまうことがあるのです。

また、風邪のウイルスと同じように花粉を異物と認識することで体内から追い出そうとする働きにより体温が上昇します。

さらに、花粉症は数か月続くことになりますので、それによる体力が消耗して免疫力が低下して体温を上げようとするのです。

  [スポンサードリンク]

風邪による発熱との違いは?

発熱といえば、風邪かなと思いますが、花粉症の発熱と風邪の発熱はどこがちがうのでしょうか?

実は、風邪の発熱は鼻やのどからウイルスが侵入することによって引き起こされます。

ウイルスが体内に入りこむと、体は発熱することで体温をあげてウイルスを追い出そうとします。

これが免疫反応です。

また、風邪にウイルスは体温が低いと増殖しやすいので体温をあげることで、早く治そうとします。

花粉症の薬の副作用で発熱することも

実は、花粉症の薬で発熱や頭痛の副作用が起こることも稀にあります。

花粉症の薬もいろいろありますが、第一世代に分類される抗アレルギー薬は、血液脳関門を通過して脳へと移行します。

花粉症はアレルギー反応で遊離したヒスタミンがアレルギー症状を起こすので、抗ヒスタミン薬がその前にアレルギー反応を起こさないように働きます。

その結果、アレルギー反応を起こさないようになりますが血管拡張作用があるので、頭痛を起こしたり発熱を起こすことがあります。

花粉症の発熱の対処法は?

では、実際に花粉症で発熱した場合には、どのように対処すればよいのでしょうか?

いくつかの方法をご紹介しましょう。

1.手足をあたためます

花粉症で発熱がある場合には、手足を温めることがよいでしょう。

体が発熱して体温が上昇するときに体は筋肉を震わせて熱を出します。

この筋肉の震えが、発熱する際に感じる寒気なのです。

この寒気は手足を温めることで体温が上昇するとなくなります。

手足を温めて寒気が収まってきたら、熱が必要以上に体内にこもらないようにできるだけ薄着で熱を発散させてあげるのもポイントです。

2.マスク着用で花粉対策

花粉症によって発熱するのは、風邪の発熱とは違うので花粉症の症状を改善することが大切になります。

微熱の場合には、仕事にいったり外出を続ける方が多いかもしれないませんね。

けれども症状が出た後でも、できるだけ症状を改善するために花粉対策はしっかりとしましょう。

外出時にはマスクを着用して、帰宅したら洋服や身体についた花粉を払い落とすようにしましょう。

3.バランスの良い食事と睡眠

体力が消耗していると、どうしても抵抗力が落ちるので発熱してしまいがちです。

そこで、抵抗力を上げるためにもバランスの良い食事を取って、ゆっくりと睡眠をとりましょう。

基本的に花粉症が原因の発熱は、花粉症を抑えることが大切なので市販の花粉症の薬を飲むと良いでしょう。

けれども、熱が辛い場合には解熱剤を服用することもできます。

このとき、花粉症の薬と解熱剤などは成分によっては併用できない場合があるので、薬剤師さんなどに相談してみましょう。

花粉症による発熱にも気を付けて

いかがでしたか?

今回は、花粉症による発熱の症状についてお話ししてまいりました。

花粉症と発熱、一見関係がないように思いますが、実は二次的な症状として出る場合があるのです。

これは、花粉症によって免疫力が低下している状態であることで起こることが多いのです。

ですから、日々の生活習慣を見直して、規則正しい生活やバランスの良い食事などを心がけることでカラダが元気になれば、花粉症による発熱も予防できます。

もちろん、花粉症により発熱がひどい場合やなかなか治らない場合には医師に相談するとよいでしょう。

まずは、生活習慣の見直しでできることから始めてみてはいかがでしょうか?