Pocket

  [スポンサードリンク]

Baby Steps(ベイビーステップ)とはこんな漫画

 私は週刊少年マガジンで連載のベイビーステップをおすすめいたします。

 この漫画は小学生からずっとオールAの成績で、かなり几帳面な性格のエーちゃんこと丸尾栄一郎が主人公のテニス漫画です。

 勉強以外に趣味や打ち込めるものも特になかったエーちゃんが、ひょんな事からテニスクラブに入り、どんどんとテニスにのめり込んでいきます。

 エーちゃんはスポーツ漫画でよく見かける熱血タイプや天才タイプ、そのどちらでも無く、平凡な身体能力にも関わらずその几帳面な性格でボールをコントロールして相手を分析して戦います。

ただ、動体視力はとても優れていて、ボールや相手の動きを把握して記憶する事が出来ます。

試合中、記憶したボールの軌道や球種や相手の動き、戦略などをノートに書き留めて分析する姿が見どころの一つです。

Baby Steps(ベイビーステップ)の魅力的なヒロイン

 少年漫画には欠かせない可愛いヒロインですが、ベイビーステップのヒロインのなっちゃんこと鷹崎奈津は美人でテニスも上手くて性格も明るい、どこに出しても恥ずかしくないヒロインです。

 なっちゃんは序盤からエーちゃんの優等生ならではの“強さ”に気が付いていて、きっと強くなるよ!と宣言しています。

また、エーちゃんは軽い気持ちで始めたテニスでしたが、プロを目指して頑張っているなっちゃんを見て、プロになりたいと思うほどにテニスとは面白いのだろうかと強い印象を植え付けられます。

 そして、なんでも理論的に考えてデータを集めて考えながらプレイするエーちゃんと、感覚的にプレイするなっちゃんはプレイスタイルも対照的です。

それが互いに新鮮で、刺激を与え合っているというのもいいですね。

Baby Steps(ベイビーステップ)のさまざまなライバルたち

 エーちゃんの周りには、既に実力をつけたたくさんのライバルたちがいます。

 同じテニスクラブに所属する先輩の江川逞はサーブ&ボレーを武器として、全国レベルの身体能力とボールセンスを持っています。

同じクラブの所属ということで最も多く打ち合った相手でもあります。

始めはタクマのサーブを返すことさえ出来なかったエーちゃんですが、次第に渡り合えるようになります。

初の公式試合で戦ったときには胸が熱くなりました。

 同学年の難波江優は全日本ジュニアで2連覇を成し遂げる全国トップクラスの選手です。

テニスの能力をAからDのランクで成績をつけており、その全てがA、つまり「オールAのテニス」を目指しているという、かつて成績オールAのエーちゃんにとってはシンパシーを感じざるを得ない相手と言えるでしょう。

 そして、決して外せないのが同世代ナンバーワンの池爽児です。

全国トップクラスの実力を持っていたタクマが、池との試合で自分の才能に自信を失ってしまうほどの抜群の運動神経を持っています。

中学2年で既に同世代の日本人に敵がいなくなりフロリダに留学しています。

エーちゃんは池の試合を見てプロになることを決意する程に、大きな影響を受けています。

作者の勝木光氏曰く、モデルは錦織圭とのことです。

Baby Steps(ベイビーステップ)のおすすめポイント

 高校からまったく初心者で始めたエーちゃんが、その几帳面な性格と眼の良さを生かした分析力と優等生ならではの地道な練習でどんどんと力をつけていき、幼少からプロを目指して練習を積み重ねてきた選手達と渡り合っていく姿はとても応援したくなるものです。

 従来の熱血スポーツ漫画はもう飽きたという方に、是非ともお勧めしたスポーツ漫画です。

Baby Steps(ベイビーステップ)のアニメ・ドラマ情報

 アニメ化もしており、2014年4月から9月までに第1シーリーズ、2015年5月から9月までに第2シリーズがNHKのEテレにて放映されています。

 又、実写ドラマ化もしており、岩田和行が監督を、小林雄次が脚本を担当しています。

2016年7月22日よりAmazonプライム・ビデオにて配信されています。

 こちらもあわせて如何でしょう。