Pocket

  [スポンサードリンク]

G戦場ヘブンズドア【熱く生きたくなる、エネルギー溢れ出る青春ストーリー!】

全3巻の中に爆発せんばかりの感情と想いが詰まってます!

2人の少年が漫画という一つのカテゴリーを介して、キラキラと美しい友情、ドロドロとした嫉妬心、時には深い怨念を交え、漫画家という戦場を、漫画家の武器であるGペンを振るい駆けて行く作品。

G戦場ヘブンズドア【怠惰な生活を変えてくれた】

僕がこの作品と出会ったころは大学3回生、世の中に慣れた積りになっており、ダラダラと毎日を過ごしている頃でした。

多くの時間をどう潰して行くかばかりを考え、友人と飲み歩き、惰眠を貪り、漫画を読みふけっているような生活でした。

それを見兼ねた友人の1人が読んで見ろとかしてくれたのがこの「G戦場ヘブンズドア」でした。

当時の僕としては知らない作者、知らない雑誌、かつ、癖のある絵柄で、あまり進んで読める物ではありませんでした。

ところが読み終えた頃には、その「熱さ」にすっかり打たれてしまいました!

登場人物一人一人の丁寧な個性と、全3巻という短いストーリーの間にギッシリ詰まった感情で、涙が止まりませんでした。

すぐさま今「何もしていない自分」を恥じ、変えるべく、自分の目標としていたものを据え直し、活動を始めました。

大学入学当初打ち込んでいたバーテンダーの仕事を見つめ直し、一から勉強し直し、積極的にセミナーに参加したり、技術を磨き、資格取得を目指しました。

作品中の主人公たちは学生であり、それでも「漫画」という戦場において血肉を削りながら、戦っている様、それがかけらも美しく見えなく、ボロボロ。

とてもじゃないけれども、憧れることの出来る様には描かれておりませんでした。

それでも戦ってることへ本能が刺激されてしまいました。

学生の身分に甘えダラダラと何もしない人間が大多数ですし、批判されることではないと想います。

ただ、このG戦場ヘブンズドアをよんだ後はジッとしていられなくなります!

G戦場ヘブンズドア【感情の描き方がとにかく、上手い】

人間の感情なんて喜怒哀楽、そんな簡単なものでもなく、僕自身は今自分がどういう感情にいるのかすらわかりません。

G戦場ヘブンズドアの作者、日本橋ヨヲコさんの描くキャラクターからは、絵を通して、演出を通して、そんな微妙な感情がジワリジワリと伝わってきます。

その感情に対する「理解」は僕には出来ませんでしたが、「共感」出来たと思います。

そうして、キャラクターに共感して行くウチに、どうしょうもない熱さやエリルギーを心臓に植え付けられてしまいました。

G戦場ヘブンズドア【今でも僕のバイブルです】

はじめて読みはじめてからもう10年近く経ちました、今でも僕の中の大事な部分を形成してくれてます。

実家を出て東京で働くことになったときにも東京用に買い直し、今では実家用と布教用で3冊づつを所有しております。

学生時代に打ち込んだバーテンダーとしての情熱は現在の仕事にも受け継いでいます。

今でも、モチベーションが下がった時には必ず見返して、再び心に燃料投下を繰り返しております。

10年経っても、今でも僕のバイブルです!