Pocket

  [スポンサードリンク]

私がゲゲゲの鬼太郎と出会ったのは5歳の頃です。

保育園から帰ってくると、いつもアニメを見ていた私は、夕方の楽しみになっていました。

北斗の拳や、シティハンターよりも、妖怪が出てくるアニメは、分かりやすいものでした。

中でも大好きだったのはネズミ男で、失敗するのがお決まりでした。

【注目するストーリー展開】

ゲゲゲの鬼太郎は、大人になってから見ると、そんな単純なものではないことに気付きました。

人間の死んでからのこと、人間には見えない妖怪の存在、世界の妖精との関わりなど、学校では教えてくれない、大切なことが詰まっているのです。

悪いことをすると、妖怪が見ていて、その悪い心に住み着き、悪さを起こすとか、その土地にまつわる妖怪は、歴史に関係しているなど、ストーリーはしっかり研究されて書かれていることが分かります。

o0480048010255397053

【好きなキャラクターは目玉おやじ】

大人になってから、好きだなあと思うようになったのが、目玉おやじです。

目玉おやじは、敵を倒すことができません。

妖力は、感じることだけで、攻撃はできないのです。

でも、今までの知識を利用することができます。

敵の名前・性質・急所・弱点などは、目玉おやじほど知っている妖怪はいません。

そして、その知識を武器にして、実際に戦うのは鬼太郎です。

親子のチームワークは、とても愛を感じます。

そして、ご先祖さまへの感謝を忘れないように鬼太郎へ話すシーンは、人間世界でも同じだと感じます。

今の子供達が忘れそうになっていることを、改めて大切だと教えてくれるアニメです。

【心に残ったシーン】

鬼太郎が、「いつも歩いて移動するのは大変だから、自転車が欲しいなあ」と言うと、目玉おやじが、いつも頑張っている鬼太郎に、自転車を買ってあげようと決心します。

でも、親指ほどしかない目玉おやじは、仕事ができず、途方にくれます。

それでもめげず、銭湯のお風呂掃除の仕事を始め、何時間もかかって隅々まできれいにするのです。

何日も通い、働き、その間、鬼太郎には絶対に自転車の話はせず、喜んだ顔を見るために頑張ります。

目玉おやじは、働いたお金で自転車を買うことができました。

鬼太郎は喜び、目玉おやじは、その顔を見て泣いて喜びました。

鬼太郎は、自転車の練習を始めます。

鬼太郎は、何時間練習しても、自転車に乗れず、人間の子供に乗り方を教わります。

夜になっても乗れず、人間の子供と翌日、もう一度練習することを約束するのです。

目玉おやじの子供への愛と、鬼太郎が人間の子供と普通に接する点が、とても感動しました。

【おすすめしたいポイント】

ゲゲゲの鬼太郎は、全国に住む妖怪の情報が詰まっています。

都道府県と妖怪の伝説が組み込まれているので、子供から大人まで楽しめます。

勉強や仕事で疲れている方、世の中の理不尽さを感じる方に、ぜひ、見てもらいたいです。

見た後に、自分の力・個性を信じることができ、妖怪の真っ直ぐな心に、自分の心も温まるストーリーです。