Pocket

  [スポンサードリンク]

ボクは岬太郎の漫画を知ったきっかけ

「ボクは岬太郎」は、人気サッカー漫画キャプテン翼のキャラクター、岬太郎のスピンオフ作品なのですが、この話の元になるアニメが放映され、その後書籍化されたと聞いて、コミックスを買って読んだのがきっかけです。

アニメの方の話がとても良い話だった上に、セリフなどもアニメに忠実に漫画化されていたので買ってよかったと思いました。

ボクは岬太郎のネタバレ

少年サッカー大会の全国大会を制覇した後、岬太郎は画家である父親の仕事の都合でまた転校することになってしまいます。

新しい転校先は、あまりサッカーが強い学校ではありませんでしたが、岬はサッカー部に入り、毎日みんなと楽しくサッカーをしていました。

そんな中、父親がフランスに行く話が持ち上がり、同時に父と離婚して、会ったこともない上に顔も知らない実の母親が、岬を引き取りたいと言ってると聞き、岬は動揺します。

サッカー部の方も、チームメイトのマサルの母親がサッカーに理解がなく、勉強よりサッカーがしたいというマサルの意思を尊重してくれません。

そこで岬は、頑張っている姿を見ればお母さんも考えが変わるのでは?と、母の反対を押し切って無理に試合に出場したマサルに絶妙なパスを出してゴールを決めさせます。

試合を見に来た岬の父の説得もあり、マサルの母親もスポーツに対する考えに変化が出始めます。

そんな中、横浜の実母のところに挨拶に行くことになった岬。

実母はすでに再婚しており、新しい家庭である山岡家には、岬と父違いの妹までいました。

実母宅の庭先で遠目で母を見た岬はそれだけでもう十分だと悟り、「僕は山岡太郎じゃない。

岬太郎だ」と言って、父とともにフランスに行く決意をしたのでした。

ボクは岬太郎の見どころ

キャプテン翼は内容が試合中心のことが多い中、岬太郎という家庭に複雑な事情がある脇役にスポットが当たった珍しい作品です。

ボクは岬太郎では、試合中心ではなく、岬が母親という存在をどうおもっているのかや、サッカーの描写も試合そのものよりチームメイト同士の人間関係などに焦点が当たっており、サッカーのこと以外にも、悩みや複雑な思いを抱えて生きているキャラクターであることが細やかに描かれています。

岬太郎がスピンオフの対象になったのは、岬がキャプテン翼の中でも非常に人格者で思いやりがあり、人気があったからではと思います。

ボクは岬太郎のアニメ等の関連情報

この作品の非常に珍しい点は、普通は原作があって、それをもとにアニメ化するのが一般的なのですが、アニメのオリジナルストーリーが逆に原作者によって書籍化されたという部分です。

それだけこの回の話が好評だったということでしょう。

キャプテン翼は3回ほどアニメ化されてますが、この作品は1983年から放送された第一回目のアニメ化の時に放送されました。

当時、キャプテン翼は「アニメのストーリーが原作に追いついてしまう」という現象が起こっており、アニメの話の進行を遅らせるために話を引き延ばしたり、回想シーンを多く用いるなどの手法がとられていましたが、僕は岬太郎は、原作にない「岬君のその後」を描いて原作に追いつかないようにした時間稼ぎ作品でもありました。

しかし、この作品に限っては、逆に原作に影響を与える好評作になったようです。