Pocket

  [スポンサードリンク]

垂れてしまった胸をすこしでもあげるためにおすすめのブラってある?

いつまでも美しい胸をたもちたいというのが女性の願いです。

けれども、年齢と共にいつのまにか垂れてしまった胸。

何とかしたいけれど、諦めるしかないのかな~と思っている人も少なくありません。

本当に諦めるしかないのでしょうか?

今回は、垂れてしまった胸を少しでも改善する為におすすめのブラについてご紹介していこうと思います。

ぜひ、参考になさってくださいね。

胸が垂れる原因は?

  [スポンサードリンク]

まずは、どうして胸が垂れてしまうのが原因からお話していきましょう。

胸が垂れる原因として考えられるのは、クーパー靭帯の損傷、胸を覆う皮膚のたるみ、乳腺の脂肪化が考えられます。

クーパー靭帯は胸を支えるゴムのようなもので、重い胸を重力に逆らっていられるのはクーパー靭帯のおかげです。

けれども、胸の重みや身体の動きによってクーパー靭帯は伸びたり切れたりしてしまいます。

それによって胸を支えきれなくなって垂れてしまうのです。

クーパー靭帯の損傷が原因でない場合には、胸を覆う皮膚のたるみも考えられます。

妊娠などで胸が大きくなったけれど授乳期間を終えて胸が一気にしぼむことで胸を覆っていた皮膚がたるんでしまいます。

ですから、胸が実年齢よりも老けて見えてしまうのです。

さらに、乳腺の脂肪化も原因の一つとして考えられます。

胸のほとんどは脂肪と乳腺で出来ています。

乳腺1に対して脂肪が9という割合です。

授乳を終えた胸は母乳を出すという役目が亡くなって乳腺が脂肪に代わってしまいます。

さらに加齢とともに残っている乳腺組織が脂肪に変わることで胸はハリを失って垂れてしまうのです。

このように胸が垂れる原因はいくつか考えられます。

ブラジャーで垂れた胸をもとに戻せるの?

垂れてしまった胸をブラジャーだけで戻せるなんてちょっと信じられないかもしれません。

けれども、このブラジャーがなによりも大切なのです。

ですから、胸を垂れさせないためにも、垂れてしまった胸を改善するためにも自分にあったブラジャーを選ぶことが大切です。

ここでブラジャー選びのポイントをご紹介していきましょう。

1.トップバストの位置が肩と肘の中心よりも上になるように

まず、美しいバストをたもつために大切なことは、トップバストの位置と鎖骨の中心を結んだ時に正三角形になる事です。

胸が垂れてしまっている場合には、トップバストの位置が肩と肘の中心線より下がってしまっているでしょう。

これでは二等辺三角形になっているはずです。

ですから、トップバストが肩と肘の中心より上にくるようにブラジャーを選びましょう。

2.背中や脇の肉がブラジャーにしっかりと収まること

つぎに大切なことは、胸だけでなく背中や脇の肉がブラからはみ出さないことです。

脇の肉がブラからはみ出ると胸とバストが同じ肉となってしまいます。

その結果、胸が垂れてしまうのです。

そこで、脇や背中の肉がブラにしっかりと収まるサイズを選びましょう。

3.動いたりしてもずれないこと

胸が垂れる一番大きな原因でもあるクーパー靭帯の損傷。

これをすこしでも防ぐためには、普段の動きで胸をしっかりとホールドできることです。

すこし動いただけでずれてしまうようなブラではクーパー靭帯が伸びたり切れたりして胸が垂れる原因になります。

4.着用した時の姿勢がキレイ

実は、姿勢が悪いと胸を支えるための筋肉が衰えるので胸が垂れてしまいます。

そこで着用した時に姿勢がキレイになるブラを選びましょう。

このように自分の胸のことを考えてしっかりと自分の胸にあったブラジャーを選ぶことが大切です。

垂れてしまった胸におすすめのブラ

最後に、おすすめのブラをひとつご紹介しておきましょう。

それは補正・育乳ブラの導MICHIBIKIです。

胸を手で持ち上げているような感覚でしっかりと胸をリフトアップしてくれるのに締め付け感がなくてつけ心地がよいことがおすすめのポイント。

もちろん、脇や背中の肉もしっかりと集めて納めてくれるので美しい胸を作ってくれます。

ほかにも、いろいろなメーカーから補正ブラが販売されているので、自分の好きなデザインや自分にあったものを見つけてみましょう。

垂れてしまった胸をすこしでもあげるためにおすすめのブラについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、垂れてしまった胸を少しでも上げるためにおすすめのブラをご紹介しました。

胸が垂れてしまう原因をまずは理解できたでしょうか?

実は胸が垂れてしまう原因は加齢だけでなく普段の生活の中にもあることがわかります。

特にブラジャーの役割は大きくて、しっかりとホールドできるものを選んでいないと胸が垂れる原因ともなります。

そこで今回ご紹介したように胸のたれを予防する、または改善するブラジャー選びを参考にしてください。

ただ、デザインだけで選ぶのではなくその機能性をしっかりと理解することが何よりも大切になります。

ぜひ、自分にあったブラを見つけて、垂れてしまった胸を上向きにしていきましょう。