Pocket

  [スポンサードリンク]

ダイエットをすると胸が垂れるって本当?胸のたれを防ぐ方法は?

ダイエットに成功したのはいいけれど、気付いたら胸が垂れてしまっていた。
そんな経験をしたことがある女性もいるでしょう。

せっかく理想のボディに近づけたと思ったら、胸が垂れてしまったなんて残念ですよね。

実はダイエットをすることで脂肪が燃焼されますから胸が小さくなってしまうというのは耳にしたことがあるかもしれません。

けれど、ダイエットで胸が垂れるとは思っていなかったという方もいると思います。

そこで今回はダイエットをすると胸が垂れるのはなぜか、そして予防方法もご紹介していきましょう。

ダイエットで胸が垂れるのはどうして?

ダイエットの成功は、体重が減って理想のボディに近づけること。

つまり痩せるということですね。

痩せるということは脂肪が少なくなるという事にもなります。

実は、胸はほとんどが脂肪で出来ていますから、脂肪が減るという事は胸も小さくなるということです。

もともと胸にたっぷりとあった脂肪がダイエットによって減ることで、余った部分の皮膚が垂れてしまいます。

ですから、胸が垂れてしまうのです。

さらに、筋肉が減ることも原因として考えられます。

ダイエット方法はいろいろありますが、食事制限や運動をしないダイエットは脂肪だけではなくて同時に筋肉が減ってしまう事があります。

筋肉が少なくなると胸を支えるための筋肉も減ってしまうので垂れてしまいます。

筋肉が衰えると胸を支えるクーパー靭帯と呼ばれる場所に負担がかかってしまいます。

クーパー靭帯は1度伸びるとなかなか戻らないので、できるだけ予防しなくてはいけません。

他にも、ダイエットをすることで栄養不足になったり、女性ホルモンが減ったりしてバストアップする乳腺に栄養やホルモンが行き届かなくなります。

ですから、胸が小さくなったり垂れてしまったりするのです。

このようにダイエットによって胸が垂れてしまう原因は幾つかありますので、よく理解しておきましょう。

どんなダイエットが胸を垂れさせる?

ダイエット方法はいろいろありますが、胸を垂れさせるダイエットと言えば、無理なダイエットです。

無理なダイエットをすることで急激に体重が減ります。

これはもちろん体にもよくないことですが、バストにも悪影響です。

胸が垂れてしまう原因ともなっています。

無理なダイエットは、女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。
これも胸が大きくなりにくい体質になります。

とくに10代の女性にとっては胸が成長する時期ですので無理なダイエットはしない方がいいでしょう。

  [スポンサードリンク]

胸が垂れないようにするには?

では、ダイエットをしても胸が垂れないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは、ダイエットに運動も取りいれることが大切です。

運動をすれば、筋肉が刺激されて消費カロリーが増えるのでダイエット効果もあがります。

さらに筋肉がつけば、胸を支える筋肉がシッカリと胸を支えるので垂れにくくなります。

それによってクーパー靭帯への負担も少なくなるので垂れにくいバストになります。

もう一つは、ナイトブラを利用することです。

クーパー靭帯が胸を支えているお話はしましたが、バストの重みや激しい運動などでクーパー靭帯に負担がかかってしまいます。

そこでクーパー靭帯と一緒に大胸筋や小胸筋が胸を支えてくれます。

寝ている間にもクーパー靭帯が伸びたり、切れたりしないようにするのがナイトブラです。

一度伸びたり切れたりしたらもとに戻らないクーパー靭帯ですから、夜の間もブラをつけることで予防したいものです。

体を温める食事で胸が垂れるのを防ぐ

食事の改善などでダイエットをしようと思っている方も多いでしょう。

体を冷してしまうと血行が悪くなって代謝がわるくなるので痩せにくくなります。

ですから、できるだけ体を冷す食材は避けるようにしましょう。

体を冷す食材の特徴はわかりやすく、白や青、緑いろの野菜、水分が多いものなどです。

このような食材を多く取らないようにすることが大切です。

普段から食事に体を温める食材を取りいれていくことも大切なのです。

ダイエットで胸が垂れる原因と予防法についてのまとめ

いかがでしたか?

ダイエットによって胸が垂れる原因として、脂肪が減ることや胸を支える筋肉が減ることなどが分かりました。

とはいえ、胸が垂れるからダイエットをしないというわけにもいきませんね。

では、どうしたらいいのか?

それには、食事制限だけでなく適度な運動をして胸の筋肉をきたえることも大切でした。

もちろん、運動をする際には専用のスポーツブラでむねをケアすることも大切です。

また、食事も体を温める食材を取りいれていくことが大切だとわかりましたね。

そして、ダイエットをしていない人でもしている人でも寝ている間にもバストをケアすることが大切です。

ナイトブラはきちんと着用するようにしましょう。

今回ご紹介したことを頭において、上手にダイエットをしていくと良いでしょう。