Pocket

  [スポンサードリンク]

理想の胸の形はどんなもの?理想の形になる方法はあるの?

胸の大きさも気になるけれど、実は大きさよりも胸の形がきれいな方が嬉しい。

そういう女性は少なくありません。

綺麗な形の胸なら、小さくても自分に自信が持てるのに。

では、理想の胸の形はどのようなものなのでしょうか?

今回は、理想の胸の形と理想の胸の形になるための方法などをご紹介していこうと思います。

ぜひ、参考になさってください。

胸の形にはいろいろあるの?

理想の胸の形の話の前に、さまざまな胸の形についてご紹介しましょう。

胸と一言でいってもいろいろな形というか種類があります。

それをチェックしていきましょう。

  [スポンサードリンク]

1.扁平型

これはトップとアンダーの差がほとんどない胸のことです。

2.円錐型

ロケットのように前に突き出している形で欧米人に多く、垂れる可能性も高いです。

3.半球型

お椀型ともいわれる形で胸の下側と高さの長さが同じぐらいで、日本人女性に多い形です。

4.下垂型

加齢や授乳によってヤギのように垂れてしまった下向きの胸です。

5.釣鐘型

乳首の位置が若干下にありトップとアンダーの差があります。

このように胸の形も人それぞれなのです。

自分の胸の形はどれにあたるかもチェックしてみましょう。


出典:https://jp.triumph.com/

理想の胸の形はどんなの?

上のように胸の形にもいろいろあることが分かりましたね。

では、理想の胸の形はどのような形なのでしょうか?

まず、一番に理想とされるのはふんわり女性らしい柔らかさがわかる胸ということです。

ブラジャーを着けた時にもキレイにブラジャーに収まることが大切です。

人によって理想の形は違いますが、円錐型の胸はセクシーな印象で、半球型の胸は柔らかな印象です。

この二つが理想の棟の形と言われています。

理想の胸の形を整えるためにできることは?

自分の胸の形は理想の形ではないとあきらめないでください。

胸の形は努力次第で変えることができるのです。

理想の胸にすこしでも近づくには、その人の胸にあったケアを行う事なのです。

胸が小さいのに筋トレをしてしまうと大胸筋をきたえることになるので脂肪が燃焼して胸がさらに小さくなってしまいます。

胸が大きな人が胸が将来胸が垂れないようにケアをしなくてはいけませんね。

つまり、棟が小さくても大きくてもその人の胸の形にあったケアをすることが理想の形に近づけることなのです。

理想の胸の形を目指すブラジャーの選び方は?

理想の胸に少しでも近づくためにブラジャー選びはとても大切です。

ブラジャーは、ほぼ毎日つけるものですからバストアップのケアの前に正しいブラジャーを選ぶことから始めましょう。

実は、しっかりと自分の胸にあったサイズやデザインのブラジャーを着けている人は多くはありません。

そのために、せっかくの胸の脂肪が脇や背中に流れてしまっている可能性もあります。

美しい胸の形になる為には、胸が身体の幅のラインから外に出ないことが大切です。

自分の胸にあったブラジャーを着用することで脂肪が流れないのでカップの中にきちんと納まるはずです。

ですから、まずはバストの中心から脇までカップがしっかりと届いているかチェックしましょう。

ブラジャーのカップは、バストの形を整える働きのほかにも脇に流れる脂肪を胸に集めて流れないようにする働きもあります。

ですから、腋までしっかりと届いていることが重要なのです。

理想の胸の形に近づける方法は?

では、ブラジャー選びのほかに理想の胸の形に近づける方法はあるのでしょうか?

美しい胸の形を手に入れるためにできることは他にもあります。

その一つが、クーパー靭帯を意識することです。

理想の胸の形であっても年齢を重ねることで胸が垂れてしまうことがあります。

それでは、せっかくの努力も意味がありません。

胸が垂れてしまう大きな原因はクーパー靭帯があります。

クーパー靭帯は胸を支えているものですが、それが伸びたり切れたりすることで胸が垂れるのです。

このクーパー靭帯はコラーゲンの束で出来ています。

ですから、加齢によってコラーゲンの量が減少して伸びたり切れたりします。

特に姿勢がわるかったり、胸を上下に揺らす運動をしていたり、体を冷すことが原因となります。

このようなことをする時にはできるだけクーパー靭帯のことを意識して、普段からコラーゲンを意識して摂取するようにしましょう。

理想の胸の形と理想の形になる方法についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は理想の胸の形とその形を手に入れる方法についてお話してきました。

理想の形といっても人それぞれだとは思いますが、一般的にはお椀型や円錐型が理想的と言われています。

自分の胸の形は理想とは違うとあきらめる必要はありません。

なぜなら、普段から努力することによって胸の形を変えることができるからです。

ブラジャーを正しく選ぶことや普段からコラーゲンを摂取することなどがあります。

とくにブラジャーを正しく選んで正しく着用することはとても大切なことです。

ですから、今までのブラジャーをチェックしたり、新しいものを購入する際には下着専門店で相談してみるとよいでしょう。