Pocket

  [スポンサードリンク]

この漫画を知ったきっかけは友人の紹介です!当時この漫画のアニメがやっていてそれを見た友人が私に紹介してくれました。

この漫画の見どころ

この漫画の見どころは沢山あるのですが、あらすじを説明すると、この漫画の世界は錬金術がとても発達していて、主人公は兄弟で兄がエドワードエルリック弟がアルフォンスエルリックです。

その二人は母子家庭で育てられたのですが、ある日お母さんが病気で死んでしまい、お母さんを錬金術で生き返らせようと考えます。

img_1

本来、人体を錬成させることは禁止とされているのですが、もう一度お母さんに会いたい兄弟はお母さんを錬金術で錬成します。

しかし、その錬成されたものは人の形をしておらず、息をしているのがやっとのような生命体でした。

書くのを忘れていましたが、錬金術には等価交換という言葉がついて回ります。

何かを必要とするならそれ相応の代価が必要ということです。

家を錬金術で作りたければ家の素材がいるということですね!。

話が戻りまして、人体を作るものは簡単に揃えれましたが、錬成に失敗し何らかの生命体が生まれ、命の代価として弟のアルフォンスエルリックの身体と魂全部と兄のエドワードエルリックの右腕を持っていかれました。

そして、エドワードエルリックは弟の魂だけでも返して欲しいということで自分の左足を代価とし弟アルフォンスの魂を、鎧に錬成しました。

そして時は流れ、兄弟は国家錬金術師という職業につきました。

この大人になる間に、兄弟はある情報を手に入れます。

それが賢者の石。

この賢者の石があれば、代価なしで錬金術できるというものです。

兄弟はその賢者の石の行方を探していくという物語なのですが、その間に敵となるホムンクルスという人造人間が出てきて邪魔をします。

また、国家錬金術師側にもその敵であるホムンクルスがいたりして、だれが、ホムンクルスであるのかを探したりします。

ホムンクルスのボスの目的は永遠の命を手に入れることであり、この永遠の命を手に入れるには大量の人間の命を代価とする必要があります。

なので、主人公と敵対するわけです。

しかも、ホムンクルスはなかなか死にません一度や二度殺したところでは再生して蘇ります。

しかも、ホムンクルスは一人一人能力があります。

身体を固くする能力や最強の矛を持っているもの、巨大な体になるもの、何でも食べるものなどなど、その様な的に国家錬金術師がどうやって立ち向かうかというところが見どころです!

おすすめのポイント

おすすめのポイントとしては、ちょっとネタバレになってしまうのですが、大総統という日本の総理大臣みたいな人がいるのですが、その大総統は実はホムンクルスでしかも最強の目をもっているのです。

その大総統に今まで出てきた見方が命を削り戦う姿は感動しました。

また、最後のボスと主人公が戦うシーンも漫画を1巻から読んでいる人からしたら興奮するものです。是非読んでみてください。

アニメについて

この漫画のアニメは二部あり、一部目は漫画と話が途中から違います。

二部目は漫画に忠実に作られています。

オススメは二部のものをオススメします。

また、映画も面白いです。