Pocket

  [スポンサードリンク]

バストアップに効果的な食べものを上手に摂取できるレシピが知りたい!

バストアップのためにできることはいろいろありますが、その中でも毎日の食事でバストアップ効果のある食事をとることも大切なこと。

バストアップに有効な成分はいろいろ紹介されています。

けれども、実はそれらの成分をどの食品から取ればいいのか、また飽きずにとれるレシピなどはあまり紹介されていません。

そこで今回は、バストアップに効果的な食べものを上手に摂取するためのレシピをいくつかご紹介していこうと思います。

ぜひ、参考になさってください。

バストアップに効果的なレシピの前に

バストアップの方法はいろいろあるけれど、食事は毎日3回もあるのですから大切にしたいものです。

とはいえ、もしかしたら料理が得意ではないという方もいるかもしれません。

また、忙しくて料理に時間をかけられないという方もいるでしょう。

とはいえ、バストアップのためですから、1,2か月頑張って料理してみてください。

レシピをある程度覚えたら、自分でアレンジして作ることもできて飽きずに楽しくバストアップ食材をたべられるようになるでしょう。

大切なことは、バストアップのための食事をとりながら、できるだけ形のよいバストを保つことですから、自分の胸にあったブラジャーを着用することなども合わせて行いましょう。

  [スポンサードリンク]

豆乳バナナジュースのレシピ

豆乳は、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを多く含むことからバストアップに効果があると言われています。

けれども、人によっては豆乳が苦手という方もいるので、バナナを加えて飲みやすくしましょう。

また、バナナに含まれているビタミンEは大豆成分を分解して吸収しやすくしてくれる働きもあるのでバストアップドリンクにピッタリです。


出典:http://うつ病症状治療.net/

<豆乳バナナジュース>

1.ミキサーにバナナ1本を適当な大きさに切っていれます。

2.そこに豆乳200ccを注ぎます。

3.ミキサーにかけて混ぜれば完成です。

豆乳バナナジュースは、作ったらすぐに飲むようにしましょう。

時間を置くとバナナが黒っぽく変色したり、重めになってしまうからです。

バナナはできるだけ甘みの強いものを選ぶとおいしくできますが、甘みが足りない場合にはハチミツを加えてみましょう。

はちみつは、体に良い栄養素が含まれていますので朝にピッタリです。

ねばねばうどんのレシピ

納豆も大豆製品ですから、大豆イソフラボンが豊富です。

御昼ご飯にぴったりの「ねばねばうどん」のレシピをご紹介しましょう。

<ねばねばうどん1人前>

材料:

うどん1玉
ひきわり納豆
乾燥わかめ
とろろ昆布
梅干し
麺つゆ

1.乾燥わかめを水で戻しておきます。

2.うどんを茹でます。

3.うどんをお皿に盛りつけたら、うえからひき割り納豆、もどした乾燥わかめ、とろろ昆布、梅干しをトッピングします。


出典:http://www.yamaki.co.jp/

これでうえからお好みで麺つゆをかけていただきます。

夏は冷たくして、冬は温かいおつゆにしてもおいしく頂けるでしょう。

冬は豆乳鍋もおすすめ

寒い冬は鍋がいいですよね。

そこで豆乳をつかった料理の中でも簡単でおいしい豆乳鍋をご紹介しましょう。

<豆乳鍋 4人前>

材料:

豚ばら肉300g
人参2分の1本
しめじ100g
豆乳800cc
だし汁1000cc
味噌 適量

作り方:

1.鍋にだし汁と豆乳をいれて弱火で煮込みます

2.鍋が温まってきたら、肉、野菜の順で材料を入れていきます

3.アクを取りながら10分程煮込みます

4.味噌を溶かして入れます

豆乳はぐつぐつと沸騰してしまうと固まってくるのでできるだけ弱火でじっくりと煮込むようにしましょう。

締めは、リゾット風の雑炊にしてもいいでしょう。

おやつにキャベツジュースはいかが?

キャベツといえば、ボロンという成分が含まれていることでバストアップに効果があると言われています。

けれども、キャベツは生で食べることでこのボロンの効果を活かせるのです。

そこでジュースにしましょう。


出典:資生堂

<キャベツジュース>

1.キャベツ200g、リンゴ半分、レモンの絞り汁少々

2.キャベツやリンゴはある程度のおおきさに切ります。

3.ミキサーにかけたら完成です

リンゴ以外にもブドウやマスカット、ブルーベリーなどで作ることもできますので自分でアレンジしてみてもいいですね。

おいしく食べてバストアップを目指そう!

いかがでしたか?

今回は、バストアップに効果のある食材をつかったレシピをご紹介しました。

バストアップに効果がある食材がわかってもなかなか普段の食事に摂りいれられないと悩んでいる方もいたでしょう。

そこで、今回は朝食、ランチ、夕食、そしておやつにもおすすめのレシピをご紹介しました。

ご紹介したものはどれも簡単で、料理が苦手な女性でも挑戦できるものばかりです。

ミキサーで混ぜるだけのジュースもありますので、ぜひお試しください。

もちろん、普段の生活の中で質に良い睡眠を取ったり、適度な運動を摂りいれたり、正しいブラジャーの着け方を見直すなどできることはたくさんあります。

ぜひ、できることからどんどん始めてみてください。